ここから本文です

UWSCで画像認識のクリックマクロを作ってみたいと思って、

らいおんさん

2013/11/2000:26:45

UWSCで画像認識のクリックマクロを作ってみたいと思って、

検索したんですが。。

CHKIMGが何とかと、たくさん出てきたんです
CHKIMGとは一体何なんでしょう
フリー番のUWSCの中にはCHKIMGの文字すら見つからないですし、
コードとかがあるようですが、打つ場所が見つからないし。。

まだ自分には
マウス移動やクリックマクロの保存以外わからないようです
CHKIMGの事、
馬鹿でもわかるように、教えていただけないでしょうか。。?

CHKIMG,UWSC,スクリプト,クリック,マウス移動,フリー番,found&quot

閲覧数:
3,642
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jun********さん

2013/11/2007:39:22

UWSCは、動作を記憶させて再生させる他、テキストファイルとして保存したスクリプトを読み込んで実行することもできます。拡張子は「uws」です。
そして実は、UWSCはスクリプトをベースに動いています。試しに、適当な動作を記録し、保存ボタンを押して保存してみてください。保存されたファイルをメモ帳等、テキストエディタで開くと、命令群が並んでいるのが分かると思います。
記録する以外に、スクリプトを作成することによっても、望んだ動作を行なうことができるのです。

そして、その中にCHKIMGという命令があります。これは、保存されているビットマップ画像を画面上から探し、あったかどうかや、存在する位置を通知するという命令です。CHKIMGが返してくる情報を元に、画像認識を行ないます。

例えば、下記のスクリプトをメモ帳で入力し、拡張子をuwsにして、uwsc.exeと同じフォルダに保存します。そして、uwscで読み込み、再生を行なうと、「画像A.bmp」というファイルと同じ画像を探します。見つかったら、「found」というメッセージボックスが出て終了します。

WHILE (CHKIMG("画像A.bmp")=FALSE)
SLEEP(0.1)
WEND

MSGBOX("found")

分かり易く、とのことですが、このスクリプトを扱うには、初歩のプログラミング能力、もしくはサンプルを上手く真似て応用する能力が必要です。ボタン1つで手軽に、とはいきません。
ネットでサンプルを探し、それとなく理解するように努めるしかないでしょう。

質問した人からのコメント

2013/11/24 18:21:23

成功 やっぱりちゃんと勉強しなきゃダメですよね
ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる