ここから本文です

新型出生前診断で陽性だったうちの羊水検査の陽性が確定した54人のうちの53人が中...

pet********さん

2013/11/2213:47:52

新型出生前診断で陽性だったうちの羊水検査の陽性が確定した54人のうちの53人が中絶したそうです。

皆さんどう思いますか?
もし自分がその立場だったら、中絶しているかもしれないし、産む

覚悟をするかもしれないし、なんとも言えないですが、このニュースを見てからなんだか切なくて切なくて…
医療が進歩しすぎな気がして。出生前診断って何のために始まったんでしょうか。障害がでないようにする薬が開発されればいいのに。遺伝子レベルの話だから無理だろうけど。

補足中絶した親も、我が子を殺すわけですから想像絶するほど辛いですよね。もう産めないかもしれないし、中絶の理由も理由だし。中絶しても「検査しておいてよかったー」って感じにはなりませんよね。産んでみたら本当は健常児だったかもしれないという気持ちも残りそうだし、赤ちゃんに御免なさいという気持ちもあるし、苦しみそう。ほんとに、何の為に検査があるんだろう。命ってなんなんだろう…

閲覧数:
29,079
回答数:
13

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

meg********さん

2013/11/2213:55:14

その方たちはもともとそういう気で検査を受けたんでしょう。
個人の考えですから仕方ありませんし、他人が批判する権利もありません。
私も昨年39で出産していますが、何も検査はしませんでした。
授かったのだから全て受け入れる。それが当たり前だと「私は」思ってます。
検査をして中絶を選んだ方はそれが当たり前または致し方ない(旦那さんや親戚などから説得があったなど)選択なのでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「新型出生前診断」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fut********さん

編集あり2013/11/2416:12:06

lovedora42さんに全く同意です。

以下は私の意見です。
そもそも「陽性なら中絶する」事を前提として自ら受ける人がほとんどなのですから、陽性という結果でほぼ全員が中絶したのは当然の事です。その人達は、本当に「想像を絶する辛さ」を抱いたのでしょうか?検査を受ける前に「陽性なら中絶する」という結論を出しての行動なのに?「あ〜、異常が分かって中絶することができて良かった。障害児を産まなくて済んで良かった。」と思うだけではないでしょうか。少なくとも、中絶した方々のほとんどは「検査しておいて良かったー」というのが真実であるように思います。中絶した方々は、新出生前診断を受けた後で羊水検査を受けて確定した方々です。「産んでみたら健常児だった」という可能性はゼロだったのですから、そういう子を中絶したくてしたんです。そこに後悔や懺悔があるとは、私には思えません。「産まないで済んで良かった」が本音ではないでしょうか。自分の希望が叶ったのに苦しむ人はいるのでしょうか。そうする為に検査を受けているのに?私にはとてもそうは思えませんけど。

福祉を知らない人は、とかく「家族が不幸になる」「親が死んだら」と言いたがりますね。知らないからこそなんでしょうけど。それが真実なら、社会でどれだけの人が不幸なだけの人生を送っていることか・・・周囲にも何人もそういう人がいて当たり前、という状況になっている気がしますけどね。社会問題にもなるでしょうし。でも今は高齢者福祉や生活保護の方が問題視されています。それはどうしてでしょうね?親の介護をしない子供達、施設に入ったまま面会にも来ない家族。これは障害者家族に限った話ではなく、介護の必要な高齢者がいる家庭にも全く同じことが当てはまります。だったらその家族も、結婚も出来ず家族の犠牲になって不幸な人生を送っているだけなんでしょうか?だとしたら、国民の何割かは該当しちゃうでしょうね。それは大変ですよね。
現実、そうでも無いのは何故なんでしょうね?社会福祉を知るって、本当に大事なことだと思います。自分自身がそんなものに一切頼る気がないなら別ですが、自分一人で全て自己負担で親の介護ができるものなんでしょうかね?知らないって、本当にいろんな意味で怖いことだなと思います。
それに、障害者の家族がいる人間とは結婚など出来ない、と考えている人もいれば、結婚出来るという人もいますので、障害児のきょうだいは全員結婚も出来なくてきょうだいの世話をするだけの人生、とは言えないのが現実です。何とかなる社会福祉も存在してますしね。高齢者に関しても同じですよ。偏見だけの人には到底理解できないでしょうけど、そういう現実もありますので。そういう人の家庭にも障害児が生まれる事があります。それらも全て現実です。

lov********さん

2013/11/2322:16:58

この検査を受け方は、異常があれば中絶を望む方だと思います。

だから、殆どの方が中絶をする。

mtk********さん

2013/11/2321:38:21

新出生前診断でも異常が分かるのはほんの一部だけ。
陰性でも生まれてみたら、何らかの障害や疾患があったら、どうするんですかね?って思います。
人間誰でも、いつ障害者になるか分かりません。
私たちが障害に対して、もっと知識を入れて理解する必要があると思います。

c52********さん

編集あり2013/11/2317:02:14

今は障害のことを障害と書かずに障がいと書こうなどといった風潮もあるようだが、詭弁以外のなにものでもない。少子化でただでさえ子が減少しているというのに、さらに手間がかかり、生産性のない子を排出したところで、親の負担がふえるばかりである。 国民年間収入300万円時代が進む中、障害者を生んだのでは、人として最低の生活すら保障されなくなる。
さらにこれが理由で、生活保護などを使おうものなら、健常者の世帯の生活を脅かす結果となる。
あえて冷酷な言い方を選んで言ったが、現実とはこのようなものである。

しかし陽性でも生むのは親の自由である。 どんな苦労を背負ってでも親としての責務を全うするのなら全く問題ない。
ただ、他人の力や援助、国の施設を最初からあてにするのなら、止めていただきたい。
陽性判断され、実際に障害者だった場合、決して親は先に死なないでいただきたい。自活できるのなら問題ないが、自活できない子を残して先に逝かないように。
赤の他人にそういった子の面倒を見させることのないように。

kar********さん

2013/11/2307:58:58

現状として、いまの日本(日本人)は障害者を受け入れることができているとおもいますか?

育児、教育、就労全てに大きな壁と偏見がついてまわります。

施設に預けない限り、親(特に母親)はフルタイムでは働きにくいです。

通常の小学校に入学すると、通常学級と支援学級に分かれ、それが子供に劣等感を抱かせる原因にもなります。

そのケアがどれだけできるか、どれだけ知識があるか、どれだけ覚悟があるか…。

堕ろすの可哀想、天使の笑顔と心を持ってる子、産んでみなくちゃ分かんない!
という思いで出産され、実際現実に直面したときに適切な対応ができず、虐待される子も多いです。
その後、施設に保護され親は「ホッ」としたり…

このように命の選別ともとれるような検査に需要があるのは、日本全体に障害者への偏見と環境の不備があるのだと思います。

みんな同じじゃないといけない。

みんな普通じゃないといけない。

そういう日本人らしさが変わっていけば、羊水検査などの取り組みも変わってくるのではないでしょうか。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる