ここから本文です

フィットネスクラブ(スポーツクラブ ジム)のランニングマシンは実際の道を走るの...

zon********さん

2013/11/2411:31:01

フィットネスクラブ(スポーツクラブ ジム)のランニングマシンは実際の道を走るのとでは
運動量や距離が違いますよね?

ランニングマシンで10km走るのと実際の道で5km走るのとでは
後者の方が、キツいと思いませんか?

実際は、どうなんでしょうか?

天候とか環境、季節、風で違うのは当然ですが、この際、抜きにして

閲覧数:
6,943
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nrk********さん

2013/11/2413:11:55

心肺のきつさは同じです。
ただし傾斜を1.5~2.0くらいまで上げるのが前提です。
傾斜なしではローラーの上で上に跳ぶように走ると楽できますから。

ロードとの違いはゴムの上を走るかアスファルトの上を走るかです。
アスファルトの上を走ると脚に負荷がかかりやすいので、練習になりますが、逆にローラーのゴムの上で走る時間を多くすれば、ロードで脚が持たなくなる傾向があります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yaf********さん

2013/11/3008:13:40

ランニングマシンの設定(傾斜角度)によっては、実道以上にキツい場合があります。

要はランニングマシンの設定次第ですよ。

ita********さん

2013/11/2515:59:47

傾斜を7%位つけるとロードを走っているのと同じ効果を得られますよ

bla********さん

2013/11/2506:46:58

効果としては傾斜などしか再現できない機械と実際に走るのでは路面の凹凸やコンディションなどで実際に走る方が負担はあるんでしょうけど、私は実際に外を走る方が景色もかわり楽しめるので楽です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ish********さん

2013/11/2423:37:22

僕もそう思います。^^;

マシンに無く屋外の路面にある物といえば、細かな凹凸や大きなウネリ、段差となります。
これらをクリアするには脚(つま先)をより多く持ち上げなければなりません。
そうしないと躓きや、軽微な接触から減速といった不快な事になります。
また障害物を避けるために進路を横に移動する、或いは角を曲がるといった横方向の移動があります。

さらに周囲に気を配りながら(安全を確認しながら)走っています。
閉ざされたトラック(公園内でも)と一般道を比較すると、同じ距離でもタイムに大きな差が生じます。
これは無意識に安全確認することでブレーキがかかる、あるいは交差点(信号機)をパスするタイミングを図るためペースが乱れる事が主な原因になります。
些細なことですが、こうした事が心身を疲れさせ、思った以上に消耗してしまいます。

wei********さん

2013/11/2411:40:29

マシンの上での走行は、体の加速・減速がないので実際に走るよりは消費カロリー少ないかも。
あれは、手足を振り回してエネルギー消費してるみたいなものだから。

でも、程度の差はあれ、エネルギー消費することには変わりないからマシン上では負荷を上げちゃえば解決ですね。

このカテゴリの回答受付中の質問

一覧を見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる