ここから本文です

2月はなぜ、28日までしかないのですか?

men********さん

2013/11/2415:37:51

2月はなぜ、28日までしかないのですか?

毎年、日が短いと思ってたのですが、何故ですか?

閲覧数:
2,226
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nul********さん

編集あり2013/11/2420:26:10

>2月はなぜ、28日までしかないのですか?

古代ローマの「ヌマ暦」では、現在の2月が1年の最後の月だったから。

それ以前の「ロムルス暦」では、各月の日数は30日または31日でした。
奇数を尊重する文化があって、ヌマ暦で30日の月をすべて29日に改めたとき、最後の月は端数の関係でやむを得ず28日となった。

その名残りが現行の「グレゴリオ暦」に受け継がれているわけです。

-----

西洋の暦法の変遷
(古代ローマ暦から現行グレゴリオ暦まで)


■ロムルス暦 (太陰暦、制定年不詳、伝説上の君主ロムルス王)

各月の日数⇒ 31、30、31、30、31、30、30、31、30、30

・1年は10か月304日(10朔望月)。年末の約60日間は暦のない期間。
・年初は春分の頃の「Martius」(現在の「March」)。


■ヌマ暦 (太陰暦、紀元前710年、第2代ヌマ王)

各月の日数⇒ 31、29、31、29、31、29、29、31、29、29、29、【28】

・1年は12か月355日(12朔望月)。
・暦のなかった年末の期間に「Januarius」「Februarius」を新設。
・偶数の30日だった第2/4/6/7/9/10月をすべて奇数の29日に変更。
・最後の第12月(Februarius)は例外的に28日に変更。
・最後の第12月(Februarius)の22日と23日の間に、閏月を1年おきに挿入。


■ヌマ暦の一部変更 (太陰暦、紀元前153年)

各月の日数⇒ 29、【28】、31、29、31、29、31、29、29、31、29、29

・1年は12か月355日(12朔望月)。
・年初を執政官の任期が始まる「Januarius」に変更、以降名を2か月ずらせた。


■ユリウス暦 (太陽暦、紀元前49年頃、ユリウス・カエサル)

各月の日数⇒ 31、【28/29】、31、30、31、30、31、30、31、30、30、31

・1年は365.25日、4年に1回の閏年。平年365日/閏年366日。
・第1月/第8月/第12月を29日から31日に変更。
・第4月/第6月/第11月を29日から30日に変更。
・ユリウス・カエサルに因んで第7月を「Julius」に変更。


■ユリウス暦の一部変更 (太陽暦、紀元前8年頃、初代ローマ皇帝アウグストゥス)

各月の日数⇒ 31、【28/29】、31、30、31、30、31、31、30、31、30、31

・1年は365.25日、4年に1回の閏年。平年365日/閏年366日。
・第2月を1日減らし、第8月に1日追加。
・第9月を1日減らし、第10月に1日追加。
・アウグストゥスに因んで第8月を「Augustus」に変更。


■現行:グレゴリオ暦 (太陽暦、1582年、ローマ教皇グレゴリウス13世)

各月の日数⇒ 31、【28/29】、31、30、31、30、31、31、30、31、30、31

・1年は365.2425日、400年に97回の閏年。平年365日/閏年366日。
・月名と日数はユリウス暦と同じ。

-----

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tes********さん

2013/11/2421:42:17

12月、1月、2月は寒い冬です。暖かい春の3月が早くくると良いですね。

そんで、早く暖かい春が来るように昔のエリャ~さまが2月の日数を少なくしました。

http://www.ffortune.net/calen/calen/fromqa/qa002.htm

may********さん

2013/11/2416:01:38

大昔の暦は3月から始まり2月で終わっていたという説で、年の最後に調整が来たのでわないでしょうか。
2月も30日まであったと何かで読んだ覚えがあります。

1年は365.2422日
およそ365.25日として4年に一度2月が29日まである閏年を作ります。
でも実のところ365.2422日ですので其れでも誤差は出ますね。
400年経つと閏年がおよそ+3回分(3.12日だったかな)になるので、400年に3回は閏年の無い平年を設けるみたいです。

umi********さん

2013/11/2415:53:54

今の暦のもとは「ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザーともいわれる)」という人が作りました。その人が作った暦は「大の月」と「小の月」が順序良く並んでいました。1月が31日、2月が29日(30日 *)、3月が31日、4月が30日、5月が31日という風に。
* ・・・昔のローマでは1年が3月から始まり2月で終わっていたので、先程言ったうるう年には「端数でできた1日」が2月の終わりに付けられました。

だけどその後、ローマの皇帝のアウグスツスが、自分の誕生月・8月が「小の月」であることが気にくわんと言って、2月から1日持ってきて8月に付けたのです。よって、それまでの2月:29日が28日に減り、8月:30日が31日に増えました。でそうしたら、7月が31日、8月が31日、9月も31日となって大の月が続くので9月以降の大小を入れ替えて現在の形になりました。

wak********さん

2013/11/2415:49:17

太陰暦と太陽暦の変遷の歴史の中で、そのようになったのでしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる