ここから本文です

小さな政府と大きな政府でディベートをする事になりました。僕は小さな政府側です...

wmd********さん

2013/12/400:55:28

小さな政府と大きな政府でディベートをする事になりました。僕は小さな政府側です。論破するのにいい情報、方法を教えてください

閲覧数:
485
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aho********さん

2013/12/817:47:05

あほんだらビジネスマンだ。
国家単位で見ての「大小」ってやつか。
ちなみにお前は何を根拠に「小さな政府」を選んだわけ?
それは、自分の〝価値基準選択意思〟でもねーのか?
GDP(国民総生産)だけじゃなく、「GNH(国民幸福度)」の観点から考えてみるのも面白れーだろな。
たとえば、日本及び米国と比較してブータン(国名)とかな。(聞いたことあるか?)
幸福度というのは「精神的幸福度」もあれば「経済的幸福度」もある。
貨幣経済主義における「経済的幸福度」だけが素晴らしかったとしても、じゃそれに比例して「精神的幸福度」が正比例するとは限らない。とかな。
この辺に焦点を置いてみるのも面白れそうだな。
他にいくらでもあるだろう。
小国でもその国しか採取出来ねー〝資源〟があるとかな。
日中関における「尖閣問題」とかも面白れーんじゃね?
何故にあそこまで中国側は尖閣に拘りを見せるのか?とかな。
また、それに準えて政府という以外に「会社組織」という規模で比較して見るのも面白れーかもよ?
小さな政府と大きな政府ならぬ、「大企業」と「中小企業」との比較とかな。
「大企業」及び「名の知れた一流企業」に入社する事だけが、雇用者側の幸福度になるのか?とかな。
「中小企業」でも、その会社しかない技術なりニッチなオンリーワン的な会社もたくさんある。
そこに従事している人でも、大企業では味わうことが出来ねーものだって一杯ある。
したがって、必ずしも「大企業」に入社することだけが「精神的満足度」に比例するのかどうか?という観点とかな。
大企業の超絶激務と引換えに高級取りであっても、家庭かえりみることが出来ねーところの部分とかな。
この場合は「家庭」とのあり方とかっていう観点な。
「大は小を兼ねる」ともいうが、「小は大を兼ねる」こともあるっていう観点を突いてやればいいんじゃねーの?
例えばさ、中小の下町工場でもさ「痛くねー注射針:ナノパス33」を開発した岡野工業とかでもさ、じゃ大企業で作った会社が今まであったか?とかな。
糖尿病患者に対してのインスリン注射時におけるの苦痛の大幅な痛みの激減に貢献したとかさ。
他には小さな会社における「職人」の観点から見るとかな。
新幹線作ってる職人とかの部分にスポットを当ててみるのも悪くないだろう。
見方広めていきゃ幾らでもあるだろ?
デカい(大企業・大きな政府)であるが故の、デメリットだっていくらでもあるからな。
ま、「小さな政府側」が「大きな政府」に勝つためには、資本(つまり金な)という観点からいくとちょっとしんでーかもしれねーな(カカカ)
「精神的観点」の方で見た方がいいかもしれんわな。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jug********さん

2013/12/410:52:59

最も小さな政府は無政府状態。
最も大きな政府は北朝鮮状態。
よって、最も小さな政府の方がマシです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる