ここから本文です

プロレス・マニアの方へ クイズNO.145です。 ズバリ下の写真のレスラーは誰で...

tot********さん

2013/12/2111:46:27

プロレス・マニアの方へ クイズNO.145です。

ズバリ下の写真のレスラーは誰でしょうか?

プロレスの基本中の基本、あの技?の達人として知られている方です。

ではこのレスラーの名前、プロフィールと合わせてお答えください。

回答お待ちしております

レスラー,クイズNO.145,プロレス,ルイス,基本中,kimdojin,ヘッドロック

閲覧数:
329
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kim********さん

編集あり2013/12/2122:53:36

しめ殺しの鬼、エド・ストラングラー・ルイスです。不滅のチャンピオン、ルー・テーズの育ての親として有名な、強豪です。1891年(明治24年)アメリカのケンタッキー州で生まれ、1921年(大正10年)から1932年(昭和7年)までに、3回も世界チャンピオンになりました。ストラングラーとは、しめ殺し屋という意味で、仔牛をしめ殺したほどのルイスのヘッド・ロックは強烈で、このワザでしめられた元世界チャンピオンのジョー・ステッカーは、頭がおかしくなってしまったそうです。ルー・テーズが、6度NWA世界ヘビー級チャンピオンに返り咲いたことで、アメリカと日本のマスコミはテーズのことを20世紀最大のレスラーと称えましたが、鉄人テーズは20世紀最大のレスラーは私ではなくて、エド・ストラングラー・ルイスだと語っていました。それほど、ルイスは偉大なレスラーだったのです。ちなみにルイスは
1942年にアメリカ・ミズーリー州セントルイスでオービル・ブラウンを破って51歳にしてMWA認定の世界チャンピオンにもなりました。ヘッドロックで締め上げられた数人のレスラーの脳波が狂い精神病院送りにさせたり、猛牛の頭蓋骨を骨折させたりする、ルイスは恐怖の怪物レスラーでした。ルイスはヘッドロックを1時間でも2時間でもかけ続けて、相手を気絶させたことが何回もありました。10何時間も試合をやって、レフェリーがぶっ倒れたので引き分けたという試合もありました。夜始めて翌朝までやった試合をした驚異的なスタミナの持ち主でした。

質問した人からのコメント

2013/12/25 13:13:49

はい!noykakatさんが仰る通りkimdojin0926さんより詳しい解説頂きました。しかしヘッドロックで病院送りとは並外れた、もうこれは人間では無いですね。昔は良い意味で見世物小屋に入る時みたいなワクワク感がありました。

皆さまどうも有り難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tes********さん

2013/12/2121:22:25

鉄人テーズは後年シュート4強や5強をライバルに挙げるようになりましたが、それ以前のスタンスは同時代にライバルは存在せず、強者というと先輩ルイスと後輩ホッジの話だけで終わるのが常だったそうです。
「史上最強はルイスだと思うよ」
「ルイスのヘッドロックは一度かかったら絶対に外せなかった」
「私の全盛期に戦ったら、うーん、それでも分からないね」
「ダブルリストロックの入り方については諸説あり、ゴッチと私は日本で大論争を繰り広げたものだが、私はルイスに教わったやり方が最強と確信している」
とにかくおめでたいくらい顔面のでかいお方ですね。

noy********さん

2013/12/2116:15:22

ストラングラー・ルイスですね。絞め殺し屋、ヘッドロックやルー・テーズの師匠として有名です。kimdojinさんが詳しく説明してくれると思います。。

ala********さん

2013/12/2115:48:57

お疲れ様です。

う~、難しいですねえ。

なぜか、「ハリスの疾風」という漫画を思い出しました。

bac********さん

2013/12/2111:51:06

エド・ハルミさんですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる