ここから本文です

ミノタブを使用して4ヶ月になります。髪の毛は生えてきましたが、それとは別に顔の...

triggerspotpusshersさん

2013/12/2700:27:43

ミノタブを使用して4ヶ月になります。髪の毛は生えてきましたが、それとは別に顔のむくみがひどく、顔が変形するほどです。ミノタブを飲み続けながら顔のムクミが良くなる方法がありましたら教えてください

最初はすごく抜けて心配しましたが今はすごく生えてきてあとは伸びるのを待つだけの状態まできまた。しかし、顔が変形して太ってみえるぐらい腫れています。これでは髪が生えてきても顔が変わってしまうと意味もなくなってきます。髪が生えただけでも喜ぶべきなのでしょうが人前に立つ仕事なだけにすごく気になってしまいます。飲み続けながら、他にムクミがなくなる方法を教えてください。
また、生えたあとに飲むことを止めるのは危険でしょうか??飲むのをあけて飲むという方法は効くのでしょうか?今は5mm飲んでいます 切実に悩んでおりましてどうか教えてください どんな小さな情報でも助かります

閲覧数:
51,720
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/12/2814:12:05

病院で処方を受けておられるのか輸入代行で購入されているのか定かではありませんがそのような症状が出ている場合、即時中止をいただく状態です。

元々ミノキシジルタブレット(正式名)ロニテンは育毛薬として使用されるべき薬ではありません。

特にお感じになっている浮腫みはロニテンで見られる特有の症状で、排尿機能の低下で水分が排泄できず生じている問題です。通常であれば必須とされている併用薬がありますが日本の育毛専門病院では必須うとなる検査も行われておらず、また併用薬の処方もされていないためにお話しのような症状が生じておられる方や脈拍や不整脈をお感じになっている方が大変多いです。

現在どれほどの効果を得られたのかわかりませんが服用を継続されたからより改善するというわけではありませんし何もせず、中止をすれば当然抜けてしまう可能性があります。それなのでやめることに躊躇されるお気持ちはわかりますが健康に重大な影響を及ぼしかねない状態にあられ、併用薬を使用しても改善がみられるとは限りません。


ロニテンという薬は海外では血圧降下剤としての認可を受けているのでそれに必要な検査や併用薬、注意点などが十分理解されています。その薬の副作用や影響をこれまでの症例で知られていることから安全にロニテンを使用することがどれだけ難しいかは海外では知られています。育毛目的で試験的に処方されていたのは僅か2年で効果に対しての服用するリスクが高いことからFDA(米国食品医薬局)が育毛目的での処方をしないよう通達を出したほどです。

日本ではロニテンも認可されておらず、一部の育毛病院が血圧降下剤として製造されている薬を輸入して現在育毛薬として患者に処方しています。


近年増加する育毛病院の医師は別にこれまで毛髪についての研究や治療をしていた訳ではありません。プロペシアが認可されたこの数年で医師が育毛に携わる前は病院で育毛医療を受けるという概念すらありませんでした。

ロニテンを開発したファイザー製薬(日本では発売されていません)の医薬品各条(医薬品の取扱説明書)には明確に書かれています。

残念ながらロニテンを育毛薬として処方している日本の医師や育毛病院では医薬品各条も読んでいない可能性が高くその中にも育毛薬としての効果は書かれていません。一部体毛の増加の記述はありますが頭髪の成長を促すとは全く書かれていません。

日本では未承認薬なので厚労省から通達が出されることもなく、ファイザー製薬の日本支社はあってもロニテンは販売していないのでそれらの情報を入手する責任は医師にあります。

ミノキシジルタブレットの製薬会社が添付する医薬品各条の内容と実態を紹介した知恵ノート。違和感を感じる方や育毛効果がないという方はぜひ読んでください。英文ですが医薬品各条もご覧いただけるので不安があればダウンロードして医師に見せてください。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n229249

高濃度ミノキシジルの特性やロニテンの問題について以下でご紹介をしています。リスクを冒してロニテンを服用しても産毛は生え際に産毛が生え戻ることはあってもそれが成長するまでの効果を得る方はおらず、服用を中止すれば抜けてしまいます。
塗布用ミノキシジルとミノキシジルタブレットについて
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n84891

育毛薬、ミノキシジルタブレットの実情
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n102335

育毛薬 ミノキシジルタブレット(ロニテン)の誤解と現状
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n85700

リーブなどの民間企業が育毛を行っていた日本とは違い、海外は30年以上、薄毛治療を皮膚科医が行うという環境にあったからこそプロペシアやミノキシジルが海外で開発されました。

プロペシアにしても抜け毛予防程度の効果しかないのですが恰もこれさえ飲んでいれば生えると説明している医師が多いです。


プロペシアを5年服用しての海外の臨床データでも髪の本数の減少を完全に止めるということはできないことが確認されていますしミノキシジルタブレットは元々育毛薬ではありません。

プロペシアの回復効果のデータの根拠と1年目、3年目、5年目の臨床データの実情 (ぜひお読みください。服用して5年目のデータについて追加しました)
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n217319

プロペシアを服用して生じかねない副作用へのリスクを医師から説明を受けることもありません。

海外では2009年以降、各国の保健省がプロペシアの副作用を注意書きに追記し、さらにプロペシアと副作用の研究発表がいくつもされるようになりました。いくつも集団訴訟がおこされておりますが日本では報道されていないため周知されていません。

プロペシアの副作用をFDAが公式発表
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n84922

プロペシアの副作用を誘発する研究においての新たな発表 2013年
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n168818

プロペシア フィンペシアの副作用の報道 2013年
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n182364

現在行われている育毛法には上記のような健康や副作用のリスクがあります。

ミノキシジルよりも毛髪再生率が237%を確認されている育毛剤もありますしプロペシアやミノキシジル以外にもに育毛効果が承認されているものがあります。

プロペシアと血管内細胞増殖因子(VEGF)グロースファクターの影響が及ぼす血行への影響

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n95462


低出力レーザーはミノキシジルやプロペシアの育毛医薬品だけではなく、一般的な医薬品でも行われるテストとして二重盲検試験(ダブルブラインドテスト)によりAGA型脱毛への育毛効果が確認され、ミノキシジルやプロペシアについで初めて認可され、現在では96カ国以上で認可されています。

FDAに認可された低出力レーザー器はプロペシアの代替案としても推奨させるようになりました。

男性のAGA型脱毛(Androgenetic Alopecia)に対しての承認を認めたFDAの発表 2010年
http://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT00947219?term=hairmax&rank=1

日本では低出力レーザーの育毛効果があまり知られていませんが2010年に認可されてからもそれを裏付ける研究発表がいくつもされています。

低出力レーザーの育毛効果の学術発表

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n237023


育毛剤、ミノキシジル、プロペシア以外の育毛方法
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n84851

低出力レーザーの育毛効果の説明した知恵ノート
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n181148

今年の8月にハーバードメディカルスクールの可視光線医療専門のウェルマンセンターマサチューセッツ病院が低出力レーザーのAGA型脱毛に対しての育毛効果についての学術発表が行われ、


「 低出力レーザーは毛包内の表皮幹細胞の生成が活発化することで髪の成長が休止期に入ったままの幹細胞が成長期(anagen phase)に移行することで育毛効果が得られる」との結論を共同研究で発表しました。


http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23970445

ハーバードメディカルスクールのウェルマンセンターも発表しているような効果によっても髪の生成が活発化されると結論を出しています。

低出力レーザー のような赤色の可視光線は毛母細胞の活性かにより、脱毛要因を抑え、髪の成長を活性化することと海外で認可されたことをきっかけに国内で唯一の毛髪再生医学の研究を行う大阪大学も赤色LEDによる育毛効果の研究を始めています。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n193293 (ぜひお読みください)



AGA薬、プロペシアの3年目の臨床データと低出力レーザーの認可後2年目に収集された育毛効果と2013年の臨床データの発表を追加しました。
(ぜひお読みください)
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n215997

全米皮膚科学会や国際毛髪臨床学会において上記内容が正式に発表されました。低出力レーザーの承認は以下のように、2009年12月から2011年3月までの期間、25歳から60歳を対象に行われました。

日本のヘアレーザープレミアムやX5 laserや他の同機種と比較されますがFDAで認可を受けた低出力レーザー育毛器であればU.S. National Institutes of Health (アメリカ合衆国国立衛生研究所)が保有をするデータベースでFDAが認可や検証中、却下された医薬品や医療機器などを含めて検索することができます。

http://clinicaltrials.gov/


ISHRS(国際毛髪学会)は世界中の育毛に携わる専門医が所属している学会でその中でも低出力レーザーについては育毛効果を学会HPに掲載しております。

http://www.ishrs.org/articles/low-level-laser-therapy.htm


注意頂きたいのは低出力レーザー全体に対してFDAが承認を出したわけではなく1機種のみとなります。酷似する製品が多数販売されており恰も低出力レーザーのすべてに育毛効果があるような宣伝がされておりますが治験・臨床を経て認められたのは1商品だけです


低出力レーザー器を定価の2.4倍で販売している育毛クリニックも存在しますのでご注意ください。

健康な髪が成長する頭皮ケアの方法もご紹介しております。またミノキシジルやプロペシア以外の育毛方法についても過去に書いた知恵ノートでご紹介しております。

http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_note.php?writer=kaminon...

それか以下のURLのyahooプロフィールをご覧いただければと直接ご相談に乗ることも可能です。
http://profiles.yahoo.co.jp/-/my_profile/?sp=mqufOCM6eqvjgm_rnvStX1...

病院で処方を受けておられるのか輸入代行で購入されているのか定かではありませんがそのような症状が出ている場合、即時中...

質問した人からのコメント

2013/12/31 23:18:52

成功 とても、親切に細かくご回答ありがとうございました。
髪は以前と同じ量の髪が生えてきましてあとは、延びるのを待つだけという状態です。輸入品になります。
今は顔の変化が気になりますがこうして親切にアドバイスいだだき感謝しています。ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hiro_apriliaさん

2013/12/2712:43:16

人によってはむくみが酷くなる人がいます
もともとは血圧降下剤ですので低血圧の人は避けた方が良いでしょう
服用するのは夜より朝が良いと思います
服用をやめると半年から1年で元に戻る人が多いですね

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。