ここから本文です

死亡時 銀行口座 凍結について ここで調べると、 ①亡くなっても家族が銀行に連絡...

ja9********さん

2013/12/3121:00:49

死亡時 銀行口座 凍結について


ここで調べると、
①亡くなっても家族が銀行に連絡しない限り凍結されない(銀行がその亡くなった情報を調べようもない)。
②よほどの資産家で新聞に載る様なら銀行に情報が

行き凍結される。
とあります。
しかし知り合いの経験談によると、親御さんが亡くなった時 上記には当てはまらなかったのですが即座に凍結されてしまい、突然の死去だった為 事前に下ろしておく事も出来ず、葬儀の費用等 困ってしまったと言っていました。
一体どれが正しいのでしょうか。
過去の回答を見ていると、ハッキリと『凍結されない』と言い切る方、『うちは数十円の残高でも凍結された』と言う方、色々です。
銀行勤務の方の回答で『連絡が来なければ凍結しません』ともありました。
そうすると私の知人は何故 連絡してもいないのに凍結されたのか謎です。
キチンとした決まりは、その業界や法律にはないのですか?


(カテゴリーこちらで良いかわかりませんが…
宜しくお願いします)

補足ご回答ありがとうございます。
読ませて頂き更にお聞きしたいのですが、地方紙とゆうのは全ての葬儀情報が勝手に載るのでしょうか。
知人の親御さんの口座が凍結されたのは、③であったのなら載ったとゆう事ですよね?
では凍結されなかった口座が存在するのは、①②③、どれにも当てはまらなかったとの理解でよろしいのでしょうか。
うちの父の口座は凍結されませんでした。
度々すみません。

閲覧数:
6,681
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bot********さん

編集あり2013/12/3121:34:30

「何らかの手段で銀行が預金者の死亡を知ったら凍結される」

これが正解です。

何らかの手段として一般的なのは
①預金者の親族が銀行に連絡する。
②大口預金者など、銀行がお得意先として管理している取引先。
③地方紙に葬儀情報が掲載される。
などが挙げられます。

ご質問からは③のことをご存じない回答者がおられるのでしょうね。

「資産家」だから新聞に載るのではありません。
新聞社は葬儀社とつながっています。
自殺など、特に親族が新聞への掲載を希望しない場合を除き、地方紙には殆ど「通夜」「告別式」情報が掲載されています。
そして、銀行では地方紙の死亡記事欄を必ずチェックしているのが普通です。
このチェックを怠っている銀行・支店は「無能」と言っても過言でないくらい当たり前の情報収集活動です。

誤解があるといけないので補足します。

上に書いた銀行の情報収集とは、「凍結」を目的とするものではありません。
「死亡保険金」のトレースや取引先の動向として、いわゆる取引先管理の一環としての情報収集です。
それなりの取引があれば、礼儀として「告別式」に出席したり、弔電を打ったりするのです。

質問した人からのコメント

2013/12/31 21:43:06

ありがとうございます。
同時に補足を書いていた様ですね!
とても詳しくご丁寧なご回答、本当にどうもありがとうございました。
色々わかって助かりました!!

「死亡 銀行口座」の検索結果

検索結果をもっと見る

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる