ここから本文です

有価証券評価損益・有価証券売却損益を、有価証券評価損と有価証券評価益というよ...

rou********さん

2014/1/314:36:54

有価証券評価損益・有価証券売却損益を、有価証券評価損と有価証券評価益というように別々の勘定に分けるのは間違いですか?

補足プラス分とマイナス分の相殺を行うことが前提の科目でしょうか?

閲覧数:
1,799
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

moz********さん

2014/1/410:39:41

簿記的には間違いとは言えませんが、
「金融商品会計に関する実務指針(会計士協会・会計制度委員会報告14号)」の設例5にあるように、財務諸表の表示としては評価益(前期計上した評価損の振り戻し)と評価損を相殺するので「有価証券評価損益」という科目名を使用します。
その他有価証券の売却損益も相殺して表示します。
その他有価証券については、評価損益と売却損益は別の表示科目です。
売買目的有価証券については、売買損益、評価損益と受取配当金等も含めて、全て「有価証券運用損益」という科目で処理します。

質問した人からのコメント

2014/1/9 20:15:28

笑う ありがとうございましたm(_ _)mよくわかりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ike********さん

編集あり2014/1/400:58:07

間違いではありません。
損益計算書では評価損・評価益と区分けします。

(補足)
評価損・評価益は相殺はしません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる