ここから本文です

【500枚】讃美歌380番 たてよいざ立ての日本語作詞者は誰?

nth********さん

2014/1/1107:42:07

【500枚】讃美歌380番 たてよいざ立ての日本語作詞者は誰?

こんにちは。クリスチャン讃美歌のひとつ、立てよいざ立て。軍歌調のこの讃美歌の作詞者(訳詞者)と、その由来について調べています。どうぞ宜しくお願い致します。

一番 立てよいざ立て 主の兵 見ずや御旗の翻るを
君が手に着くこの身なれば 雲なす仇も何か恐れん

とっても好きな讃美歌なので、美しい歌詞のゆかりを教えてください。

宜しくお願い致します!

閲覧数:
776
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wwm********さん

2014/1/1722:42:59

原作者(作詞者)はジョージ・ダフィールドという人だそうです。

この曲のできた経緯の載せられたサイトを見つけました。参考になると思います。
http://www.nskk.org/kyoto/kishiwada/preach/preach0309.html

この記事の内容は、私も「讃美歌略解(歌詞の部)」という本で調べたところ、同じことが書いてあったので間違いはないと思います。
ただ、このサイトに記されている「聖歌412番(たてよいざたて)」という表記は誤りで、聖歌303番(たちあがれいざ)か、讃美歌380番(たてよいざたて)のはずです。

聖歌の方の訳詞者は中田羽後氏というのはわかりますが、残念ながら讃美歌の方の訳詞者はわかりませんでした。

質問した人からのコメント

2014/1/17 23:37:11

降参 そうでしたか、有難うございます。今後のヒントになるかもしれないご回答、感謝申し上げます!私も文献調べてみますね。重ねてお礼申し上げます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる