ここから本文です

VB6とVB6.NETの違い、VB6.NETにすればこんなことができるようになりますというのを...

yam********さん

2014/1/1208:03:55

VB6とVB6.NETの違い、VB6.NETにすればこんなことができるようになりますというのを教えてください。

VB6で充分足りている、返ってVB6.NETではWinsockやInetコントロール等がない、変数を一々定義しないといけない等使い難く何故このような製品を開発したのか解らない。代わりにVB6.NETではVB6ではできなかったこういうことが出きるようになったのですよというのを教えて頂けませんか。

閲覧数:
604
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/1/1208:33:22

「VB6.NET」って、いわゆる VB.NET ( VB.NET、VB.NET 2003、VB 2005、VB2008、VB2010、VB2012、VB2013 ) のことでいいんだよね?
違いはいろいろあると思うけど、VB6 ではクラスの継承ができなかったのが VB.NET ではできるようになっているのが一番大きいと思う。TextBox 等のコントロールを継承したコントロールを作って、コントロールに手を加えることもできる。


変数を一々定義するのが嫌なら、プロジェクトのプロパティ → 「コンパイル」 → 「コンパイルオプション」の「 Option Explicit 」を Off にすればいいよ。
たぶん、Option Explicit Off はバグの元になりやすいということで、デフォルトで On にするようにしたんだろうね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる