ここから本文です

定形郵便物の切手の貼り方

ysh********さん

2014/1/1311:18:10

定形郵便物の切手の貼り方

子供のころ小学校で郵便物の出し方を習ったとき、
はがき、封筒の定形郵便を出す場合、
切手ははがき、封筒をタテに見て
左上に貼らないと定形とはみなされない
と習った記憶があります。
でも実際にはヨコに見て左上に貼っても
定形料金で届いているのをよく見かけます。
これは郵便局が黙認しているのか、
それとも規則が緩くなったのでしょうか。

閲覧数:
882
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sid********さん

編集あり2014/1/1317:04:41

>これは郵便局が黙認しているのか、

郵便局が黙認しているというよりは、郵便の規則が黙認しているといったほうがいいと思います。

定形郵便物やはがきには、形・大きさ・重さのほかに外面に貼り付けられる物やその貼り方についても細かい規定があり、それらのルールに違反すると、はがきなら定形郵便物か定形外郵便物に、定形郵便物なら定形外郵便物に扱われて料金が高くなるというペナルティーがあります。

ところが、切手を貼る位置については、郵便物が縦長なら左上、郵便物が横長なら右上という規定に反した場合のペナルティー規定がありません。このことは、1966年7月に定形郵便物の制度ができてから、郵政省の時代の郵便規則(省令として定められた)でも、現在の日本郵便の内国郵便約款(総務大臣認可がある)でも変わっていません。

ペナルティーがない理由を考えてみると、切手の位置の違いだけで料金不足の扱いにするよりはそのまま通過させたほうが手間がかからないことや、郵便物に複数の切手を貼る場合に「左上」なり「右上」なりに収まらないことがあることなどを考慮しているのだと思います。

横長の郵便物で左上に切手を貼る例は、1980年代から増えてきました。某少女雑誌あてに読者から届く手紙をみたことがありますが、大半が横長・左上でした。定形郵便物の制度ができた当時では想定外だったはずです。

機械処理しやすいように定形郵便物の制度ができたのに、規定の位置に切手が貼られていないと手作業で消印する必要が生じて、日本郵便としては手数が余分にかかります。しかし郵政省以来の伝統というか、そのことをしっかりと広報できていないというのが現実です。

【補足】
定形郵便物と定形外郵便物は第一種郵便物の中での区別です。はがきは第二種郵便物とされます。
ただし、ポストから集めた郵便物を扱う郵便物自動取りそろえ押印機や、郵便番号読み取り式のあて先区分機では、定形郵便物(かたいものや厚いものを除く)とはがきが、同等の小型郵便物として扱われています。

質問した人からのコメント

2014/1/18 12:53:31

約款に切手を貼る位置の指示があることから、
「切手を貼る位置に規定は無い」という主張はされなかった貴方のご回答をベストアンサーにさせていただきました。
しかしながら他の皆さんのご意見、リンク大変参考になりました。
自己満足の質問にお付き合いいただきまして皆様ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

pos********さん

2014/1/1315:21:23

昔から規定には入ってなかったと思いますので料金は変えてません
機械処理からはずれると配達までの日数が1~3日余計にかかる程度です

第一種郵便物の料金(定形・定形外郵便)定形外普通郵便の厚み制限
http://yubin.2-d.jp/y3/01.html
郵便料金値上(消費税率引上)はがき52円定形封筒82円~に改正へ
http://yubin.2-d.jp/y1/15.html
第二種郵便物の料金(郵便はがき・圧着葉書)サイズや規定について
http://yubin.2-d.jp/y3/12.html

su_********さん

2014/1/1314:02:37

定形郵便などの規定は、切手の貼り位置で決まるものではないです。

郵便物の大きさや重さが規定の範囲であれば、
定形郵便として送ることが出来るのです。

それを超える場合や満たさない場合に、定形外郵便に扱われるのです。

>そもそもはがきは定形ではないのである。
>一般人はもちろん配達員もはがきが定形の一種だと勘違いしている人ばかりだ。

と回答している、某回答者こそ、
都合が悪くなると削除して逃げるニセ郵便局員のくせに。

定形郵便と定形外郵便は、第一種郵便(封書)というものを主に扱います。
はがきは、第二種郵便という扱いになります。

でも、私製のはがきで規定より大きい場合や重い場合には、
第一種郵便と同じ扱いになるのです。

日本郵便
手紙(第一種郵便物)
定形郵便物・定形外郵便物のサイズ・重さについて
http://www.post.japanpost.jp/service/standard/one_size.html

はがき(第二種郵便物)
はがきのサイズ・重さについて
http://www.post.japanpost.jp/service/standard/two_size.html

切手の貼り位置については、内国郵便約款(別記[1]) に、
切手を貼る位置が書かれているので、それを参照してください。

内国郵便約款(別記[1])
http://www.post.japanpost.jp/about/yakkan/1-3.pdf

sup********さん

2014/1/1312:56:09

http://www.post.japanpost.jp/service/standard/one_size.html

サイズに収まっていれば、機械で押印されないと言うだけで、通常第一種郵便物の定形郵便物として差し出せます。

定形郵便物は通常第一種郵便物のなかの分類で、はがきは通常第二種郵便物という別の種類の郵便物です。とは言え、あえてはがきサイズの厚さの紙に、80円切手を貼って通常第一種郵便物として差し出すことも出来ます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる