ここから本文です

否定から入る癖

ilo********さん

2014/1/1411:30:34

否定から入る癖

否定から入る癖?を治したいです
高校一年生の女です

私は好きな人と電話する時、8割の確率で
最初の発言をするときに「いや、」といってしまいます。
友達と電話する時とかではやっていないと思うんですけど(無自覚なだけかもしれないですが)、
好きな人との時だけはもう頻繁に使っていて自分でも嫌になります。
意見に肯定する場合でも
「いや、うん そうだね」って言ってしまう始末です。
あと、相手に「~~だよね」とか「~~なの?」っていわれると
よく「いやー、、、どうだろ、わかんない」を使ってしまいます。
電話だと緊張するからなのかはわかんないですけど、
本当にこの癖を治したいです。指摘されてから頑張って治そうとしたんですけど治らないです。
相手の意見や考えを否定しているつもりは微塵もないです。口癖でつい使ってしまう感覚です。
どうすれば改善されると思いますか?本当に悩んでいます。
電話をしない、というのはできないです、、、カテ違いだったらすみません
力を貸していただけると嬉しいです

閲覧数:
171,200
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rai********さん

2014/1/1411:37:20

それは私にもありました。
絶対評価の基準を自分にして、自分よりも優れている事を許せない意固地だからです。
自分は自分、相手は相手とまったく違うモノとして、素直に認めれば良いのです。
でも、同年代しか居ない高校では難しいかも。
外部の年上および年下と接すれば良いかも知れません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fra********さん

2014/1/1412:56:48

そうですね、やはり肯定から入る方がいいですよね。
書く場合は考えて書くことができますが、話すときは無意識に適当に話してしまいます。話そうとする前に1秒で良いから「間」を持つことが大切だと思います。
「間」を空けずにすらすらと話す方が盛り上がって良いような気にもなりますが、ほんのささいな一言で喧嘩になったり、不信感を抱かれたりもします。話す前に少しだけ注意して、一呼吸置くようにすると頭の中も整理されて良いと思いますよ。

コツは相槌をしっかり入れると良い気がします。例えば「うんうん!」「そうそう!」とかを早く言うのではなく、「うん、」とじっくりうなづくといいです。そうすれば自然に「そうだね」につながると思います。それで私も失言が減ったような気がします。
自分がしゃべりたい気持ちを抑えて、しっかり聞くということも会話にとっては大切なことだと思います。

私もしゃべり方が良くないほうなので、最近気をつけるようになりました。相手の話をじっくり聞くということが大切なんだなと思いました。例え自分の意見と違っても「そういう考えもあるんだな」と思えば否定することもなくなります。
お若いのによく気付いたと思って感心致しました。私なんて30過ぎてから気付いたのでそんなに悩まなくても大丈夫ですよ。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる