ここから本文です

先日、2歳1ヶ月の娘が血液検査をしたところ、HIVが陽性でした。 次にもう一度精...

miu********さん

2014/1/1621:33:48

先日、2歳1ヶ月の娘が血液検査をしたところ、HIVが陽性でした。
次にもう一度精密検査をする予定です。
それまで不安でいっぱいです。

下に8ヶ月の子が居るのですが、その子の妊婦検診での私の血液検査でHIV反応はありませんでした。。。
偽陽性の可能性もあると言われましたが、HIV自体よく分からず動揺しています。

こういう事ってあるのでしょうか…

閲覧数:
370,056
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nit********さん

2014/1/1622:42:09

HIVの検査には、スクリーニング検査と確定検査があり、
スクリーニング検査では感染していない人でも「感染」と出ることがあり、
それを「偽陽性」といいます。
精密検査で感染していないかどうかを確かめます。

さて万が一、HIVに感染していた場合、早期に治療をすればエイズを発症することはありません。
また、唾液などでは感染しません。

念のために精密検査を受けることをおすすめします。
お大事に。

質問した人からのコメント

2014/1/16 22:50:03

感謝 お二人ともありがとうございました。動揺していますが、母親がしっかりしないといけませんよね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bio********さん

2014/1/1621:50:51

HIVというのは、ヒト免疫不全ウイルス(ヒトめんえきふぜんウイルス、英: Human Immunodeficiency Virus、HIV)は、人の免疫細胞に感染して免疫細胞を破壊し、最終的に後天性免疫不全症候群(AIDS)を発症させるウイルスです。要するに、免疫力がゼロになり、風邪などに対抗できず、死に至る病気ということです。


現在、抗HIV薬は様々なものが開発されていて、著しい発展を遂げてきています。基本的に多剤併用療法(Highly Active Anti-Retroviral Therapy:HAART療法)で治療が行われる。ただ完治・治癒に至ることは現在でも困難であるので、抗ウイルス薬治療は開始すれば一生継続する必要があります。

それでも現在では、HIV感染と診断されても、適切な治療を受ければ通常の寿命を全うすることが十分可能となっています。

検査で発見された場合は、発症する前に上に書いた治療を施す必要がありまが、治療を続ければ、死に至ることは防ぐことができますので、健康でいることができます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる