この記事の翻訳と、ある曲の翻訳をお願いします! (モンゴル)

この記事の翻訳と、ある曲の翻訳をお願いします! (モンゴル) http://www.24tsag.mn/content/9104.shtml ←Н.Төмөрхуягさんの記事。 https://www.youtube.com/watch?v=SxbiewTjVAghttps://www.youtube.com/watch?v=m1m7d9iH5nA←GEEという人の歌。 YouTubeの方は歌詞はありませんが、できませんでしょうか>< どうかお願いします!!!!!!

言葉、語学86閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

記事の冒頭の訳。字数制限のためこれ以上無理。 1980年の年末ごろ、モンゴルの歌謡界に、長髪で左手でギターを弾いて情緒豊かな美しい声で「人生は愛にある」と歌って、人々の心の大切な空間に歌とともに入ってきた人といえば、とりもなおさず、人民歌手ナムダギーン・トゥムルホヤクです。彼を、自ら語ろうとすることを語る誠実で清らかな心をもつ一人であると、アーチスト仲間たちは評価します。長髪に白い物が混じってかなりの年齢になった感じの彼は、いつもギターといっしょのように、ギターをベッドの横に置いてありました。読者諸氏に、歌手トゥムルホヤクのインタビューを紹介したい。 ――労働功労赤旗勲章を授与されたことをお祝い申し上げます。お身体はお元気ですか。生活はどうですか。 「ありがとうございます。民主党のエルベクドルジ大統領から政府の大きな賞である労働功労赤旗勲章を授与されてうれしいです。体はまあまあです。この悪い足だけで、今のところ病気はありません。数日したら、近所の病院に入院するでしょう。大丈夫です。首都の西端に、故郷の後輩たちと住んでいます。芸術活動を続けています。 ――あなたは、モンゴルに民主化を普及させるのに加わった人として、今日、どのようなお気持ちでおられますか。 「1989年11月に、若いアーチストたちの第二回全国集会というのがありました。それに参加しようと、ヘンティー県から五人でやって来ました。この集会で発言し、そこで初めて民主同盟が結成されようとしていました。1990年2月に民主同盟の第一回大会に代表として出席しました。正しく修正されず中間がちょっと崩れただけで、民主化されたモンゴル国には大きな変化と多くのことが生じました」 ――この賞はあなたの芸術活動を評価したものでしょうか、それとも、あなたがモンゴルの民主化に貢献したことを評価したものでしょうか。 「(大統領は)私の芸術活動も知っているし、民主化に貢献したことも知っています。1989年に若いアーチストの第二回全国集会の会場で、エルベクドルジと私は並んで座っていました。当時、今の大統領は「赤い星(オラーンオド)」新聞の記者でした。私の歌を聞いたことがないモンゴル人はいないでしょう。とすれば、どちらも評価されたんだと思います」 中略 ――社会主義時代にちょっと捕まって、話すことまで警察に監視されていたそうですね。当時、あなたの素直な性格、いいたいことをすぐにいってしまう面のせいで、受賞を阻止されていたといえるでしょうか。 「私もそうだと思います。当時、私のほうから影響を与えるほどの誤った背いた性格はありませんでした。ただ、いおうと思ったことを誰の前でもいってしまうのが、当時の政権指導部の気に入らなかったんです。1980年代に民主化が始まるときには、指導部にどうして気に入られましょうか。若かくもあったし、うぬぼれてもいました。民主化だと叫んで走り回っていると、私の祖母が、「いいか、お前、黙っていた人が窒息死したなんて聞いたことがないよ、といって叱られました。ああ、私のことを心配して、いってくれたんです。「最初に声を上げたカッコウの口が凍る」って言葉があります。でも、今は大丈夫です。 ――あなたは1990年代に「馬頭琴」祭で優勝者と第二位に何度もなっていますが、人々を覚醒させ感動させ、心を楽しみを与えた、あなたのすばらしい歌にはどれもミュージッククリップ(PV)がないんですか? 「そうです。私の歌にミュージッククリップはありません。モンゴル国民テレビの番組「黄金の倉」の歌謡祭に何度か参加したときに、映像を摂られました。最近、一人の若い歌手と「世界に一人だけの母に」という歌をいっしょに歌って、ミュージッククリップを作ってもらいました。私には、そのミュージッククリップを作ってもらうお金も要求もありません。私は人々に知ってもらうんだと思ってミュージッククリップを作ってもらわないですよ。ようやく歌手になろうとしているんじゃないですから。私の作品を、積極的にせよ消極的にせよ、人々は受け取ってくれています。とすれば、そのミュージックを作ってもらうより、食事でもしたほうがいいでしょう。でも、コンサート映画は作ってもらうつもりでいます。歌というのは、人の心から自ずと湧き出す命の旋律です。その大切な作品を人に届けるのは簡単じゃありません。本当に、父母からもらった才能があります。歌手というのは、一つ歌を歌うと、人々がつけて歌うものなんです。 ラジオで歌が流れると、あの人が歌っているんだとわかります。しかし、今は、それがわかる歌手が少ないです。それで、自分をわかってもらうために、これらの多くのミュージックというのが登場するんです。声で知られている歌手は少ないです。私の歌が流れているとき、トゥムルホヤクが歌っているとみんなわかっています。私は50ほどの歌を作りました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!!!

お礼日時:2014/1/20 7:54