ここから本文です

着物を着て歩いてる方に質問です。 暑い夏の日でも、着物の上に、羽織をしますか...

rusan_yさん

2007/6/2512:21:04

着物を着て歩いてる方に質問です。
暑い夏の日でも、着物の上に、羽織をしますか?
これが礼儀というのは、本当でしょうか?

閲覧数:
1,672
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tukum0n1984さん

2007/6/2517:37:25

着物の着付け講師の資格を持つものです。

「夏羽織」とよばれる羽織があります。
それは、絽や紗など、夏物のの薄い素材でできた羽織です。
殆どの場合が「おしゃれ着」としてお召しになることが多いです。

ですが、正式な場では夏物で羽織をお召しにならなければならない場合があります。
男性の最礼装は「紋付羽織、袴」姿ですので、夏物の紋付の羽織を誂え、
きちんとした場に着て行くことになります。
女性の場合でも、同様に紋付の羽織であれば正式の場に着ていくことが可能です。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aiyahitokotoさん

2007/6/2602:37:09

もともと男性のみが着用する羽織を女性が着用したのは、幕末の辰巳芸者(現在の人形超付近)が起源といわれます。
勿論『伊達・粋』できたものですが着脱も便利で、明治以降広く着られる様になりました。

またスーツの上着の感覚で、外出するときは『きちんと』した印象となり、女性用でもご紋のついた羽織(黒以外でも)も着られています。
礼装ではご紋の着いた着物に、慶事・弔事にふさわしい帯をなさることが正式となりますが、
ご紋のない着物をお持ちでない方も、「紋の付いた黒羽織を着れば正装になる」、とされ夏用の羽織(薄物)も用いられました。

しかし、本来の礼装であるご紋の付いた着物を着用されれば、羽織の必要はありません。

ですが江戸時代のお洒落では、盛夏でも薄物(麻の着物)を『襲(かさね)』にして透ける美しさを楽しんでいました。
浮世絵にも見られなかなか艶かしいものです。
 【襲(かさね):襦袢以外で着物を二枚または三枚重ねて同時に着る様子】

erojii68さん

2007/6/2514:09:35

夏に着物に羽織を着るという事は有りません。
それが常識と言う事もありません、そうでなくても暑いのにおかしいでしょう。

春先に袷の着物の上に、紗の羽織を羽織ると言うのはオシャレでやる方も沢山いますが、
夏物の着物にたとえ紗の羽織一枚でも羽織ったらそりゃウンと暑いですから、大体着てられませんよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。