ここから本文です

足利13代将軍義輝が三好三人衆に殺された原因は何ですか? 松永弾正久秀も義輝暗殺...

esp********さん

2014/1/2714:38:35

足利13代将軍義輝が三好三人衆に殺された原因は何ですか? 松永弾正久秀も義輝暗殺に絡んでいたのでしょうか?

当時の時代背景や暗殺に至った経緯等も教えてください。

閲覧数:
3,092
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaw********さん

2014/1/2717:37:54

根本的な問題は室町幕府を足利将軍が仕切りたかった義輝と、将軍を建前に畿内に覇権を築いていた三好家の対立です。
そして個別的な問題として挙げるとすれば
1・足利義輝が全国の大名の紛争を仲介し、確実に実績を挙げていたこと
2・政所執事を代々担っていた伊勢貞孝を殺害したこと
3・三好長慶が死んだこと
の三点です。

1・これは他の方も挙げているのですが、足利義輝は武田と長尾、毛利と大友、尼子など強力な大名家の紛争を仲介し、停戦させることに成功しています。こういったものは目に見えた形にはなりにくいのですが、「現将軍に力があり、紛争を調停している」という既成事実はかなり大きいものであり、それを積み重ねることによって義輝は力を高めていきました。足利義輝に近づこうとした拝謁した武将は織田信長や上杉謙信が有名ですが、他には若いころの最上義光も直接上洛して義輝に会っています。


2・実はこれがかなり重要な問題なんです。政所は足利義満でさえ手が出せないと言われたほどの力をもっており、この長官である執事職を150年以上世襲してきた(二階堂忠行時代を除き)伊勢氏の力は室町幕府内で絶大なものでした。(北条早雲の叔父、伊勢貞親なんかは有名です)それを義輝は力でねじ伏せ、義輝シンパの摂津晴門を執事に任命しました。正直言った話1であげた諸大名の戦の調停や謁見などは他の将軍もやっているのですが、室町幕府で伊勢氏を直接潰したのは義輝だけです。義輝が将軍親政に対して本気であり、かつその準備を着々と整えていたことがよく分かる事件です。


3・そして言うまでもなく畿内の覇者、三好長慶の病死です。長慶は死ぬ直前、義興の死から明らかにおかしくなっており、実弟である安宅冬康を誅殺してしまっています。(よく「松永久秀が暗躍していた」という方がいますが、久秀がやったという証拠は何もありませんし、久秀が三好義興、安宅冬康や長慶を殺すメリットが少なく、デメリットが巨大過ぎる点から私は久秀は関与していないと思っています。)三好家は安宅冬康の息子を長慶の養子にして後を継がせて足利義輝から一時を貰い三好義継と名乗らせ、左京太夫を義輝の仲介で与えられます。これで三好家当主としての格はつきましたが、「三好家当主も将軍の威厳がなければならない」という印象も与えてしまいました。

以上の理由から伸長する義輝、長慶が死んで落ち目の三好家の図を見て久秀や三好三人衆は焦りに焦りました。その証拠に将軍殺害後の段取りはろくに整えませんでした。義輝殺害後に確かに足利義栄を将軍に据えましたが、義栄は室町幕府で唯一京に入れずに将軍に任じられたという不名誉な将軍になってしまいます。また義輝の母も自害したのですが義輝の母はこの時藤原長者で関白左大臣だった近衛前久がいる近衛家出身です。三好三人衆や久秀は義輝殺害によって朝廷も敵に回してしまったんです。

義輝暗殺の直接の原因は、義輝に追い詰められた久秀と三人衆の暴発と言えるでしょう。

質問した人からのコメント

2014/2/2 22:22:45

義輝って剛力の持ち主だったんですね。

逆にその強引さが災いになったと言ったところでしょうか?

皆様、詳しい回答ありがとうございました。

よくわかりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

f27********さん

2014/1/2715:17:16

簡単にいえば、将軍としての権力復活強化を目指す義輝と、傀儡の将軍のままにしておきたい三好氏の利害が対立したということでしょう

義輝はこれ以前、上洛してきた織田信長や長尾景虎を謁見したり、大名同士の抗争を調停したりして存在感を示しており、既に「傀儡」とは言えない存在になりつつあったのです

そこに危機感を持った三好義継は、将軍家別流で長らく将軍の座を狙って、幕府と対立していた足利義栄を担ぎだし、その命令というかたちで、松永久通(久秀の子)らと共に義輝を襲撃したわけです

kir********さん

2014/1/2715:12:05

足利義輝は当時失墜しかけていた室町幕府を立て直すために奔走していました。

日本各地で起きている戦争の調停を行うなどし、権威を高めて行きました。

そこで面白くないのが三好三人衆と松永久秀でした。彼らは当時最大の権力を誇っていた三好長慶の死後、幕府を牛耳ろうと画策していたのですが、長慶が死ぬと義輝はここぞとばかりに幕府を立て直しはじめたのです。

このままでは幕府を牛耳れないと感じた松永久秀と三好三人衆は義輝の叔父の嫡男である足利義栄(よしひで)を新しい将軍として擁立させました。

そして1565年、松永久秀と三好三人衆はまだ幼い三好家の当主である三好義継にけしかけ、足利義栄を新しい将軍とするために足利義輝の二条御所を攻めさせ、殺害しました。

松永久秀と三好三人衆は幕府を牛耳るために、当時邪魔だった足利義輝を殺害したのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる