ここから本文です

エーハイムメックとバイオボールの特徴をご存知の方に質問です。 長期的な目で見...

bompom500さん

2014/1/2821:03:28

エーハイムメックとバイオボールの特徴をご存知の方に質問です。
長期的な目で見たとき、エーハイムメックとバイオボールどっちの方が生物ろ過的に効果が大きいですか?

ドライ式とウェット式それぞれお願いします。

閲覧数:
751
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mgm********さん

2014/1/2823:17:09

エーハイムメック、バイオボール、フジノスパイラルを
ドライで使っています。

バクテリア付着率はメックとボールでは
感じられるほどの差はないです。
ですが、ボールは網目が狭いので表面が目詰まりすると
中まで流水しにくい感じです。

ドライで生物ろ過を考えるならメックでもボールでもお好きな方を
選んでください。但しメックの方がボールより散水し易い感じです。
私のお勧めは
メック≧スパイラル≧ボール です(大差はないですが)

ウエットで使うならフジノスパイラルがお勧めです。
メックよりバクテリア付着面積が多く目詰まりもありません。
ちなみにボールは沈まないのでウエットでは使い勝手が悪いです。
スパイラル≧メック>ボール です。

ウエットで使うろ材はやはり多孔質の
セラミック系のリング(ボール)の方がいいとは思いますけど。

質問者さんの選択肢には無いものですが
上記の3点の中でお勧めはフジノスパイラルです。
ドライ・ウエットでも効果があり、
長期間清掃しなくても目詰まりしません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる