ここから本文です

弓角に付いて。 ジグよりは釣れる? ワームには負ける? 結局ベイトの大きさ次第で...

aaj********さん

2014/1/2822:42:57

弓角に付いて。
ジグよりは釣れる?
ワームには負ける?
結局ベイトの大きさ次第ですか?
ベイトに近い大きさでシルエットも似ている方が釣れますか?

閲覧数:
1,403
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2014/1/2916:27:51

難しい質問ですね。
しかしワームと比較するのはちょっと問題外だと思います。
「弓角」はもともと漁師が船で引っ張って使う道具ですので曳く速度がワームに比べて早いです。秒速1.5~3.0mで引っ張りますが、ワームの場合この速度で引くと正確に動作しないと思います。ワームはあくまでも低速でアクションさせるルアーだと思いますので比較対象にはならないと思います。

ジグと比較すると、トレースする水深の幅や飛距離ではジグに軍配が上がると思います。
「弓角」本体は軽いのでそれだけでは飛距離は出ないし、沈みにくいので深いところを幅広くは探れません。例え時間をかけて沈めてもラインの抵抗ですぐに浮き上がってしまいます。ですから飛距離をラビット天秤やジェット天秤を使いますね。
どちらが?・・・というと以前船で「ジグ」「ミノー」「弓角」各々2本づつ引っ張ってみたことがあるのですが、青物に関しては「弓角」圧倒的に釣れました。タチウオとヒラメはディープダイバーのミノーに分がありましたが、ジグは意外と成績が悪かったです。

やっぱりマッチ・ザ・ベイトだと思います。シルエットと言っても弓角にシルエットなど無いに等しいので長さ、大きさだけは重要視しています。
色は魚は色盲と言う学説がありますし、海中の魚からどんな色に見えているのか判らないので、濁りが入ったり、曇りや雨で太陽光線の少ない時は明るい色、天気も良く水色も良い時は魚の色に近いような青や黒っぽい物を使います。

参考までに・・・。

質問した人からのコメント

2014/2/4 09:53:49

詳しくありがとうございますm(_ _)m

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gek********さん

2014/1/2910:53:51

青物に関しては1cmの極小ベイトを偏食してる時でも14cmや20cmのトップに喰ってくることがあるんで、ルアー釣りでよく言われるマッチ・ザ・ベイトってあまり考えなくてもいいような気がします。

1cm程度のベイトを偏食してる時はペンシルならショートピッチで軽く泡をたててダイビング、ポッパーならそのままショートポッピングでともに移動距離をおさえて浮かせておくとよくバイトしてきますね。

私なりの考えでは軽めのバブリングが水中の青物からは極小ベイトの群れが表層でライズしてる状況に見えてるのかと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる