ここから本文です

車のスペアタイヤとテンパータイヤってどう違うんですか? どちらも、車のトラ...

toy********さん

2014/1/3004:00:56

車のスペアタイヤとテンパータイヤってどう違うんですか?

どちらも、車のトランクとかにパンクした時のためについていますよね。

閲覧数:
26,442
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tag********さん

2014/1/3010:13:27

テンパータイヤもスペアタイヤのうち。

一般的にスペアタイヤって言ったら、その車に標準装備されているタイヤと同じサイズのタイヤの事。
だからタイヤ交換してもそれまでと同じように走れる。

テンパータイヤっていうのは緊急用・応急用の小さくて細いタイヤだから、走れる距離も速度も制限がある。
パンクしたタイヤを直しに行く間だけとか、バーストした場合は新品を買いに行く間だけに使う「申し訳程度」の情けないほどのタイヤ。


最近は車重減による燃費向上のためや無駄な資源を使わない?とかいう名目のもとに、スペアタイヤがないあるいはオプションの車が増えてきた。
そういう車にはいざというときのために「パンク補修剤」なる物が付いている。
パンクなら一応それで対応できるが、バーストしたら二進も三進も(にっちもさっちも)いかなくなる!

それもこれもカタログ燃費を0.1km/Lでも良い数字を載せたいメーカーの思惑(笑)

質問した人からのコメント

2014/2/3 04:13:43

最近の車、スペアタイヤのない車がかなり多いですが、そういうことだったんですね。

「テンパータイヤ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

for********さん

編集あり2014/1/3008:23:53

スペアタイヤは、パンクやバーストなどの時に走行可能なようにあるものですが、ノーマルタイヤを使用したもの、テンポラリータイヤを使用したもの、スペースセイバータイヤを使用したものがあります。
テンポラリータイヤはファイアストンで開発され、スペースセイバータイヤはグッドイヤーで開発されました。
前者は、標準タイヤの約半分の幅にしたもの、後者はタイヤを折り畳み式にして外径を少なくしたものと考えて下さい。
最近のクルマは、軽量化とエコの大義名分のもとにスペアタイヤが省略される傾向にあります。
接地面のパンクには、補修キットで対応可能ですがタイヤサイドの損傷には対応出来ませんのでご注意下さい。

誤記訂正。

スペースセイバータイヤはグッドリッチでした。

jr1********さん

2014/1/3006:34:49

テンパータイヤ(テンポラリー タイヤ)とは、応急用のタイヤという意味で、スペアタイヤの一種です。
トラックやRV車には、普通のタイヤと同じサイズのスペアタイヤが装着されていますが、普通の乗用車では、多くの場合、トランク内の省スペースとコストダウンのために、普通のタイヤよりも細いスペアタイヤ(テンパータイヤ)が装着されています。
このテンパータイヤは、あくまで一時的な応急用のものであり、最高速度も制限されているなど、普通のタイヤと同じように使用することはできません。
以前はホイールが黄色くペイントされているタイプが多かったですが、今は黒いものが主流かと思います。
また、耐荷重の関係から、指定空気圧も普通のタイヤよりも高く、420kPaとなっています。

ryo********さん

2014/1/3005:03:15

スペアタイヤは通常の走行が出来るその車の純正サイズと同じタイヤです。テンパーは応急タイヤで確か時速30KM迄なら走れるタイヤです。おまけにスペアより軽いので燃費向上にも一役かっています。

aud********さん

2014/1/3005:03:05

テンパータイヤはパンクしても200キロはしれるので当然スペアはありません。BMWはこれでスペアはありません。がすこし不安ですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる