ここから本文です

谷崎潤一郎の小説で、集英社文庫の『谷崎潤一郎マゾヒズム小説集』に収録されてい...

ari********さん

2014/1/3112:32:12

谷崎潤一郎の小説で、集英社文庫の『谷崎潤一郎マゾヒズム小説集』に収録されている小説以外で、マゾヒズムが顕著に表現されている小説を教えて下さい。

閲覧数:
515
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ncy********さん

2014/2/411:49:09

『谷崎潤一郎マゾヒズム小説集』に収録されているもの以外でマゾ的なものは、『谷崎潤一郎フェティシズム小説集』に収録されています。『青い花』、『富美子の足』が特にそういった嗜好が顕著です。
あとはやや長編の『痴人の愛』でしょうか。
中年男の主人公が、年の離れた小悪魔的な少女の虜になり、精神的にも経済的にも蹂躙し尽くされる話です。

質問した人からのコメント

2014/2/7 22:17:39

感謝 フェティシズム小説集にも、マゾヒズムの要素がある小説があったんですね!

回答ありがとうございました。

早速読んでみます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる