ここから本文です

大岡信の「海はまだ」 大岡信が書いた、「海はまだ」という詩の意味がわからない...

shu********さん

2014/2/401:44:49

大岡信の「海はまだ」

大岡信が書いた、「海はまだ」という詩の意味がわからないので、誰か解説お願いします!


「海はまだ」

→海はまだ冷たいか

あ 風はまだ燃えていないか

けれど光はもう身軽な

豹だし

雲の指は思いでの入江をかきわける

人間の内側で

春が肌をみがきはじめると

すこし遅れて

地球にまたも

緑色がかえってくる←

補足では…せめてテーマは何でしょう?

閲覧数:
701
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

p93********さん

編集あり2014/2/509:56:49

大岡信の詩は隠喩というテクニックで表現されています。隠喩の詩はイメージで理解するものなので、意味は説明できません。意味が理解できる詩は戦前の三好達治くらいまでで、戦後の詩の多くは隠喩で表現されているので、意味を説明することが出来る詩ではありません。絵で考えると、分かりやすいかなと思います。普通の風景画は何が描かれているか理解できますが、たとえば岡本太郎の絵、あれを何が描いてあるのか説明して欲しいと言われても、タイトルも何も無ければ、誰でも言葉に詰まってしまいますよね。大岡さんたちは言葉で岡本太郎さんみたいなことをやっているだけです。

質問した人からのコメント

2014/2/10 08:18:25

この詩をもとにした絵画を見つけたので、それを参考にして考えてみます

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる