ここから本文です

UWSCで特定の時刻に開始、終了をするプログラムを書きたいです。

typ********さん

2014/2/904:20:15

UWSCで特定の時刻に開始、終了をするプログラムを書きたいです。

現在iniファイルを作成し、そこから必要な情報を読み込み動作をさせています。
ですので、特定の書式 2014/02/08_15:30 等の記述から
UWC秒(GETTIME関数で取れる値)に変換をして、取得した値と比較をしたいです。

個別の値に代入をして2000/1/1からの秒数にして足すしか方法はないのでしょうか。
簡単に計算をする方法があれば教えてください。
よろしくお願いします。

補足スケジュールの機能で式による指定ができることは知っています。
今回はあくまで、uwsファイルの中に記述できるもののみでお願いします。
条件判断等で使いたいので、よろしくお願いします。

閲覧数:
7,907
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jun********さん

2014/2/908:56:27

日付で情報を得たいのであれば、特殊変数があります。GETTIMEを実行すると、その特殊変数に日付、時間が変換されて保存されます。
G_TIME_YY // 年
G_TIME_MM // 月
G_TIME_DD // 日
G_TIME_HH // 時
G_TIME_NN // 分
G_TIME_SS // 秒
G_TIME_ZZ // ミリ秒
G_TIME_WW // 曜日 (0:日曜....6:土曜)
G_TIME_YY2 // 年をxxの文字型
G_TIME_MM2 // 月をxxの文字型
G_TIME_DD2 // 日をxxの文字型
G_TIME_HH2 // 時をxxの文字型
G_TIME_NN2 // 分をxxの文字型
G_TIME_SS2 // 秒をxxの文字型
G_TIME_ZZ2 // ミリ秒をxxxの文字型
G_TIME_YY4 // 年をxxxxの文字型

ヘルプファイルの写しですが、これを使えば、秒数に直さなくでも比較はできると思います。また、任意の日付の秒数を得たいのであれば、次のように記述すれば得られます。
t1=GETTIME(0, "20140212")

第2引数は日付を設定する為のもので、これを指定すると、上記の特殊変数や戻り値の秒数が、設定した日付になります。指定しない場合は当日になります。形式は、以下のものが得られます。
"YYYYMMDD" → 上記の例
"YYYY/MM/DD"
"YYYY-MM-DD"
"YYYYMMDDHHNNSS"
"YYYY/MM/DD HH:NN:SS"

第1引数は、第2引数と関係します。第2引数は「基準日」なのですが、基準日から±n日という指定ができ、そのnを第1引数で指定します。あまり使ったことはありませんので完全に把握してはいません。詳細はヘルプファイルを見て、実験してみてください。

後はループで待たせる(スタート)、EXITEXITで終了させるだけです。

質問した人からのコメント

2014/2/10 00:40:12

特殊変数があったのですね。
ありがとうございます。
おかげさまで思っていたものが作れそうです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる