ここから本文です

慢性蕁麻疹と人工甘味料の関係について

ju8********さん

2014/2/1612:52:45

慢性蕁麻疹と人工甘味料の関係について

慢性蕁麻疹で治療を受けている50代の男性です。10年ほど前、花粉症(イネ花粉)を発症し、春、秋に耳鼻咽喉部分の症状に悩みましたが、その後2年ほどして年中下着の跡などの部分がとても痒くなり、爪で皮膚を少し引っ掻いただけで、その箇所がミミズ腫れになったりするようになりました。アレルギー反応はその時点では花粉だけだったように記憶しています。近所の医者で「慢性蕁麻疹」と診断され、抗アレルギー剤(チムケント)を処方され、毎日、もしくは隔日服用し、症状は軽快しているものの寛解には至っておりません。症状自体は、花粉の飛ぶ時期を除くと、丘疹までは起こりませんが、下着の跡がくっきり残ったり、皮膚全体が赤みを帯びて、痒いのが主なところです。服用前に比べ、症状は改善しましたが、何か医者が説明する慢性蕁麻疹の原因に腑に落ちない点があり、(原因に対する説明が、乾燥だったり、汗だったり、直感的に違うような気がした)調べてみたところ、普段よく食べるガムに含まれているキシリトールが原因ではないかと思い至るようになりました。確かに同年代に比べ、甘いものは好きですが、一番の違いは、キシリトール系のガムを人よりよく食べることでしたので、先日、ネットで偶然、慢性蕁麻疹に25年間も苦しめられている人の記事を読み、ここに質問するに至った次第です。
前置きが長くなりましたが、質問の主旨は
(1)人工甘味料とアレルギーの関係は実証されているのでしょうか?
(2)もしそうであれば、人工甘味料の摂取をやめることで寛解に近づけることはできるのでしょうか?
(3)パッチテストなどで関係性を見つけることは可能なのでしょうか?

の3点です。

ストレスの溜まる仕事が多く、仕事中、どうしてもキシリトールガムに頼ってしまっています。何事もそうなのですが
偏ることはよくないのは重々承知しておりますが、なかなか止めることができないのが実態です。
でも、もし、関連性が高いのなら、すぐにでも止めたいと思っております。

どうかよろしくお願いします。

閲覧数:
1,960
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

さあこさん

2014/2/1719:37:16

体質改善をされた方が良いのではないでしょうか?知人のご主人は、運動性の蕁麻疹が出るそうです。知人が気づいたのが、小麦粉でした。
何かのきっかけで過剰に反応してしまっているのではないでしょうか?辛いですね。
しかし、関連性が高いと疑うようであれば、一度どうなるのか試されたらいかがですか?自分で試せるのですから、やってみることは無駄ではないでしょう。他の代用になるものがあれば別ですが。

質問した人からのコメント

2014/2/22 22:02:56

ありがとうございます。一度試してみようと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる