ここから本文です

食費、ガソリン代、雑貨、交際費、日用品。 で、1 4 6歳の男の子3人と夫婦で 7万で...

mae********さん

2014/2/2015:43:07

食費、ガソリン代、雑貨、交際費、日用品。
で、1 4 6歳の男の子3人と夫婦で
7万でやってくれと渡してます。
自分では1日1500円の食費のつもりで、残りはその他のつもりで渡したのですがこれで

は生活できないレベルですか?

閲覧数:
376
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pap********さん

2014/2/2017:30:56

収入がどのくらいでも
住居費・・・20~30%。
食費・・・16~20%
水道光熱費・電話代・・・10~12%
日用雑貨費・・・3~5%
育児費・教育費・・・0~5%(子どもがいなければ貯蓄へ)
交際費・レジャー費・・・3~5%
夫の小遣い・・・8~10%
妻の小遣い・・・3~8%(共働きなら妻も収入の1割を小遣いで)
雑費・・・2~5%
貯蓄・保険・・・10~20%
子どもを作る予定があるなら旦那さんの収入のみで生活し、奥さんの収入は全て貯金に回した方がいいです。子どもがいないうちが貯めどきですので。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

aqu********さん

2014/2/2020:47:11

生活できないレベル?かどうかは わかりません やってやれないことは無いと思います。

ガソリン代は、お住まいの地域・車の必要性 使用頻度、生活に必要な場所(店や病院)までの距離にもよって 大きく違います。
月1万円とします

交際費にも 幅がありますね、交友関係が広いか狭いかにもよって。
たいして交際費がかからない世帯だとして、(帰省や親戚づきあい 歳暮などは別)
幼稚園保育園の付き合いとか手土産代で 仮に月5千円として計算してみましょう

日用品費は まあ掃除用具や洗剤 石鹸 トイレットペーパーなどですから 知れているでしょう。
子供さんが小さければオムツも必要ですね。6千円としてみましょう。

他に 習い事 医療費 散髪代などはどうでしょうか?

食費はお子さん含む5人なので お酒は飲まない家庭として少なくて4万
豊かな食生活を求めれば5万6万と必要だと私は思いました。
実家から支援があったり 米をもらえるとか 家庭菜園があったり ということがなければ 日に1500円という水準はけっこうきついんじゃないかなと思います。

嗜好品を我慢して、安価食材(とり胸肉や 乾物 もやし 豆腐 納豆)などをおおく利用し 高価な食材は買わない食生活をp心がける水準です。
食は人生の大きな楽しみなので 収入によってですけもうすこし予算をとってもいいのでは・・・


上記のように考えると生活はできるが少しのゆとりも生まれない という印象です

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる