ここから本文です

バックミュージックのコード?パターンや、リズムはどうやって決めて行くのでしょ...

kmi********さん

2014/2/2702:00:35

バックミュージックのコード?パターンや、リズムはどうやって決めて行くのでしょうか?

歌メロのキーと同じスケールでコードは組み立てられているのでしょうか?
そもそもあれはコードで弾

いてるのか、単音で弾いてるのか?
わかりやすいのは、加藤ミリヤさんのEMOTIONの出出しの部分と、倉木麻衣さんのWake me upの出出しの部分です。
ああいうパターンみたいなのを作りたいので。

又、どういうことについて書かれた本が良いでしょうか?

作曲

閲覧数:
272
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sit********さん

2014/2/2712:27:02

下記回答のとおりです。
とりあえずは、ピアノ譜とかを見て弾いていれば、こういう疑問は生まれません。ある程度楽器ができないと、コード進行の勉強もできませんよ。まずは、弾き語りができる程度に楽器をマスターしてください。

メロディがハ長調ならハ長調の音階だけで構成されるコードがいくつかありますが、それだけで歌えるようにはなりますよ。アクセントをつけたりするために調以外の音が入るコードを使うことは普通ですが、無理にやることはないのです。

イ短調の場合は、セブンスコードだけは主音にフラットが付くコードを使います。
もっとも、短調はこの音もメロディで使うことが多いので、同じだとも言えます。

それから、コードが大体あってれば、あとは好みの問題ですよ。
白鳥の湖をロックにしちゃう人だっているんですからね。
好きなようにやればいいのです。
それが、受けるかどうかは別問題です。とりあえず自分が気持ちよくなることが大事です。

プロのヒット曲だってね、金出して買いたい人は100人に一人もいないんです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

RY01さん

2014/2/2703:08:18

>>どうやって決めて行くのでしょうか?

メロディが決まっている時点で、実はコード進行に関してはある程度制限が付きます。よって、メロディを先に作った場合、選択肢の中でよりしっくりくるものや、逆にしっくりこなくてフックになりそうなものを、目的やイメージに沿って適宜決めていくというイメージでしょうか。

>>同じスケールでコードは組み立てられているのでしょうか?

勿論伴奏はメロディのキーと同じスケールです。多くの音楽は調性という制限の中に存在せざるを得ないので、メロディだけハ長調で伴奏はヘ長調というわけにはいきません。

>>コードで弾いてるのか、単音で弾いてるのか?

それは作り手の自由です。パートによっても違いますし。ギターやピアノは複数の音を同時に出すことに長けた楽器なので、当然あえて単音で弾くシーンというのは限られてきますが、ベースはほぼ単音で鳴らすことが普通です。

別に教本に載っているコードの押弦をしなくても、様々なパートの音を全て合わせればそれがコードとして認識出来ます。つまりあなたの「コード」そのものの考え方が間違っていて、コードで弾くか単音で弾くかは関係ないのです。


最後に、作曲を学ぶために書籍を欲しがる方が多いのですが、実際は好きなアーティストの曲をコピーしたり自分なりにアレンジしてカバーしてみたりやっていれば、自然と出来るようになってくるものなんですけどね。音楽における理論なんて結局のところ後づけなのですから、理論を座学で学んでから作曲に臨むのではなく、耳と感覚で知ってしまえばいいだけの話です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる