ここから本文です

ゆとり教育とは具体的に現在と、昔と、どう違うのでしょうか?

kaw********さん

2014/2/2718:31:08

ゆとり教育とは具体的に現在と、昔と、どう違うのでしょうか?

私は義務教育ほぼゆとり教育だったのですが、円周率は3.14でも3でもいいと習いました。
体罰がなかったとか、髪型が自由とかはゆとり教育が終わった今でも同じですよね。
どちらかというとゆとり教育が終わってから、何がどうなったのか教えてください。

閲覧数:
210
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tra********さん

2014/2/2820:07:29

ゆとり教育とはwikiによると1980~2010(小学校)1981~2011(中学校)1982~2014(高校。数学、理科は2013まで)に施行された教育のこと(人によって色々見解があるらしい)

wikiの「学習指導要領」から具体的な変遷を抜粋します。

1980年
・中学の選択科目の選択肢が拡大された
・高校の科目履修の基準緩和
・総授業時間数
小学:5785コマ(国・算・理・社の合計授業時間数3659コマ)
中学:3150コマ

1992年
・小学校1・2年の理・社が生活科に
・高校では社会科が地理歴史科、公民科に再編、家庭科を男女必修に
・総授業時間数は変わらず

2002年(一般にいう「ゆとり教育」のスタートはここから)
・学校完全週5日制の実施
・中学での英語の必修化
・小・中・高で総合的な学習の時間、高校で情報科、福祉科が創設
・中・高のクラブ活動に関する規定の削除
・総授業時間数
小学:5367コマ(国・算・理・社・生活の合計授業時間数3148コマ)
中学:2940コマ

2011年(脱ゆとり教育)
・小学校5・6年に外国語活動の時間を創設
・高校の各種英語授業を「コミュニケーション英語I・II・III・基礎」等と改名し英語での授業を原則とした
・算数・数学・理科等で前回削減された内容が復活
・2012年から中学の体育で武道・ダンスが必修化
・総授業時間数
小学:5645コマ
中学:3045コマ
総合的な学習の時間は大幅に削減され、国・算・数・理・社・英の主要5教科および保健体育の授業時間が増加


2011年の改訂で大幅な見直しが行われたようですが、それでも単純に授業時間を比較すると、所謂一般的に認知されるゆとり教育のスタートである2002年以前よりも少ないですね。

世間(ネット?)では気に入らない者を事あるごとにゆとり教育と結び付け「ゆとり」等と批判するような風潮があったりしますが、個人的には実に下らないと感じてます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる