ここから本文です

流動フィルターに使うろ材について教えて下さい

ikomayama1259さん

2014/2/2723:16:32

流動フィルターに使うろ材について教えて下さい

流動フィルターに興味があり、色々と調べて作ったのですが、
中に入れるろ材は含水ゲルポリマーが良いと書いてありました。
これに代わる商品が無いか探しています。
安くていいのがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

補足ご連絡有難うございます。確かにゲルポリマーを使うのが
常識ですよね。
売っているお店はチ○ームさんしか販売されてないんですか?

閲覧数:
12,567
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tabinarutoさん

編集あり2014/2/2813:06:00

同じ濾過槽の中で、ゲルポリマーの場合と洗車スポンジの場合とで濾過の効果(アンモニア量など)比較実験した計測データーが無いので、流動フィルターにはゲルポリマーしかないとはいえません。そんな主張には根拠無しです。

多孔質の浮上性の濾材を水中で攪拌しながら使うタイプの濾過器は、今から既に15~6年前、当時新進気鋭の用品メーカーGEXが「画期的な高性能の濾過器」として華々しく製造販売していました。その商品は多分2~3年で消えました。いまのGEXカタログにも当然載っていません

ちなみに人間様の汚水処理場、浄化槽などでは、濾過槽の中の濾材として、ヤクルト容器ぐらいの単なる塩ビのつるつるの土管が使われています。土管型以前の濾材は、ちょうど熱帯魚用品のバイオボールのようなヒレつき球状の樹脂玉でした。同様な濾材は水族館のろ過設備などにも現役で使われています。

最新の汚水処理場などの濾材には、同様、樹脂製の浮上性の濾材が塩ビ土管に換わって使われるようになっています。
塩ビ土管よりは良い性能を発揮するので、同じぐらいのろ過性能なら浄化槽の床面積を半分ぐらいにできるそうです。

濾材の耐久性や寿命、コストが優先される汚水処理場に使われるその浮上製樹脂の濾材はゲルポリマーではありません。
表面が親水性・多孔質であるかどうかは、たぶん目くそハナクソの差でしかないと私は思います。

質問した人からのコメント

2014/2/28 20:49:03

二名の方、書き込み有難うございます。
どうも私が思っているほど、流動フィルターはたいした事ないみたいですね。
見た目も今一になるので、止める事にしました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yatto_futaさん

編集あり2014/2/2813:55:03

ゲルポリマーと同等の働きをする物というのは思いつかないですねぇ。
あえて挙げれば「洗車スポンジを細かくする」ですかね。
ただし、スポンジは水に馴染むまで時間がかかり、最初は浮力でなかなか流動しません。

そもそも流動フィルターにしたいのであれば、まずゲルポリマーを使ってみたいというのが前提で、フィルター本体は高いから自作しよう──というのが一般的だと思います。
ゲルポリマーは目詰まりしないのと、高効率でアンモニアを分解してくれるのが特徴であり、これを別の濾材にしたら何のための流動フィルターか分からなくなってしまいますよ~。


補足
株式会社 リーフというチャームの社長さんが運営している会社で開発したものなので、チャームでしか扱ってないようですね。
まぁゲルポリマーのアンモニア分解能力はかなり高いのでオススメです。

ちなみに、ゲルポリマーの代わりになるとしたら、よく使われてる洗車スポンジくらいじゃない?くらいのつもりで書いただけで、厳密にデータがどうのということを持ちだされると、まぁ大した根拠はないです(笑)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。