ここから本文です

公務員試験の民法に関する質問です。

mu_********さん

2014/3/115:28:24

公務員試験の民法に関する質問です。

民法119条では、無効な行為は、追認によっても、その効力を生じない。ただし、当事者がその行為の無効であることを知って追認をしたことは、新たな行為をしたものとみなす。と書いてありますが、
116条は、追認は別段の時にさかのぼってその効力を生じる。ただし、第三者の権利を害することはできない。と書いてあります。
116条と119条では、全く逆のことを書いてあるように思ってしまうのですが、どのように見分ければいいのでしょうか?

補足116条打ち間違えてました(>_<)
追認は、別段の意思表示がないときは、契約の時にさかのぼってその効力を生じる。ただし、第三者の権利を害することはできない。
です。

閲覧数:
200
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fus********さん

2014/3/201:12:04

民法116条は
無権代理行為に対する追認の効力を定めるもので
追認の効力一般を定めるものではありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる