ここから本文です

物理の力学の質問です。

sor********さん

2014/3/218:22:08

物理の力学の質問です。

図のような問題で、点Aから質量mの球を静かに落下させ、点B、点Cを経て壁に衝突させ、もう一度跳ね返って点Bを通過するという問題です。
この問題の大問(1)が「球が針金の水平部分から高さh2の点Bを通過するときの球の速さ(vb)を求めよ。」という問いで、解答が「エネルギー保存則が成り立つので、mgh1+0=mgh2+1/2×mvb^2 よってvb=√2g(h1+h2)」としています。
しかし、一度衝突を介しているのでエネルギー保存則は成り立たないと思うのですが、わかりません。
説明よろしくお願いします。
反発係数はeであり、衝突前後で球の速さの大きさは変化しています。

補足点Aの高さがh1で、点Bの高さがh2であり、球と針金の摩擦は無視できるものとしています。

エネルギー保存則,mgh1,mgh2,球,h1+h2,エネルギー,非弾性衝突

閲覧数:
237
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/3/218:42:08

球がAからBまで落下したときの速さを求めよ、という問題なのではないでしょうか。

壁に衝突して跳ね返ったときは、もちろんエネルギー保存は成り立ちません。
そもそも
弾性衝突→力学的エネルギーが保存する衝突
非弾性衝突→力学的エネルギーが保存しない衝突
という意味です

もう一度問題をよく読んでみるといいですよー

質問した人からのコメント

2014/3/3 17:25:28

笑う 「水平部分から高さh2」という文だったんですね(笑)
国語力なくてすみませんでした。ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる