ここから本文です

ネットワークアナライザについて

syu********さん

2014/3/419:36:44

ネットワークアナライザについて

ネットワークアナライザの「openに空気(なにも触れない)」「shortに金属(アルミ)」「loadに基準物(水)と測定物(エタノール)」をつけて実験しました。すると、最後に2本の線が出てきました。

これってどういうことですか?
openとshortで校正した。そして、最後に表示されたのは水とエタノールのSパラメータ?ということなんでしょうか。
回答、よろしくお願いします。

閲覧数:
162
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mim********さん

2014/3/518:50:33

一般的にネットワークアナライザの校正には、専用の校正キットを使います。Openと言っても真の無限大インピーダンスではないし、Shortと言ってもインダクタンスが残っています。それらの値が既知なら、その値を使ってネットワークアナライザを校正することができます。

質問では、openやshortやloadを使って「実験」しました、とあります。 「実験」って何をしたかによって、校正をしたのか測定をしたのかが違ってきますよね。校正はしたのですか? 普通はloadとしては正確な50Ωのターミネータを使って校正し、そのあと測定をします。

水とエタノールを使って校正をすることは普通は考えられません。校正キットを使って校正されたネットワークアナライザで、水やエタノールのSパラメータを測ることはあり得ることです。

2本の線というのも、それだけでは何だか解りません。Sパラメータと言っても一つではないので、2本の線はおそらく2種類のSパラメータを表示したものだろうと思われますが、どの項目を表示させたのでしょうか。これは人に聞くことではなく、あなたがネットワークアナライザをどう使ったかに係わることです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる