ここから本文です

急発進で燃費が悪くなるのは解ります。 ですが、急ブレーキで燃費が悪くなる理由...

aaw********さん

2014/3/521:17:01

急発進で燃費が悪くなるのは解ります。
ですが、急ブレーキで燃費が悪くなる理由が解りません。
あと、急ハンドルも燃費に影響するのでしょうか?

閲覧数:
518
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vac********さん

編集あり2014/3/522:42:07

燃費というのは,燃料を燃やしてどれだけ遠くへ行けるかということ.

ブレーキを踏むということは,燃料を燃やして得た運動エネルギーを,熱エネルギーに変えて走行距離を短くする行為.
エネルギーを奪って,距離も縮めるのだから,燃費が悪くなって当然.

ハンドルを切ると求心加速度が発生するから走行抵抗になり,ブレーキを踏むことに近いので,燃費は悪くなる.

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gom********さん

2014/3/523:12:08

質量保存の法則って感じで

燃費をよくするには少ないエネルギーで

ブレーキを踏むってのは運動エネルギーを熱に変え消費して止まります
最初から踏まないように加速すればこの無駄な熱エネルギー分燃費が上がります


ハンドルを切ると タイヤと路面の摩擦により熱エネルギーが発生 そのエネルギーで曲がります
ブレーキと同じでエネルギー消費しますのでハンドルまっすぐの方が燃費が良い

bar********さん

2014/3/521:42:21

急ブレーキすると燃費が悪くなるというのは、誤りですね。
信号の100m手前から惰性(アクセルオフ)で進み、直前で急ブレーキを掛けた場合と、信号の100m手前からゆっくりブレーキを踏んで停止する場合を考えると、急ブレーキで燃費は悪くなりません。

ただ、一般道での急ブレーキを多用する運転は、信号に引っかかるにも関わらず、不必要にアクセルを踏んで速度を出す運転であることが多いのです。惰性走行を多くして急加速でなくても無駄な加速を避けるようにすれば当然ブレーキの使用は減らせるので燃費は良くなります。

正しくは、停止発進の多い運転やブレーキの使用が多い運転は、燃費が悪くなります。
運転方法が良くても、市街地や渋滞時は燃費が悪くなるのと同じことです。

xpt********さん

2014/3/521:31:33

急減速するということは、例えば停止5秒前までアクセルを踏んでいて、一気にブレーキをかけることです。それに比べ、ゆっくり止まるなら10秒前にアクセルを離す、そこから静かにブレーキをかけることです。この差5秒間が燃費に影響するということです。
急ハンドルも運動エネルギーを無駄にして旋回させますから、燃料をロスします。

fda********さん

2014/3/521:31:14

急ブレーキも急ハンドルも燃費には影響しません(ハイブリッドだと別ですが)
ただ、急ブレーキを踏むような運転だと加速も荒くなるので急の付く動作はダメと言われているだけです
車には負担になりますが、燃費には影響はありません

mor********さん

2014/3/521:24:52

急ブレーキを使うということは、せっかくの進もうというエネルギーを熱に変えているわけですから、燃費は悪化します。急ブレーキでなければ、喪失するエネルギーの量が少ないので、燃費の悪化は少なくて済みます。

ブレーキを全く使用しないのが、燃費にとって最も良いのは間違いありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる