ここから本文です

Wikipediaに載っている日中戦争で交戦勢力に中華民国南京国民政府と書いてありまし...

gek********さん

2014/3/1312:56:59

Wikipediaに載っている日中戦争で交戦勢力に中華民国南京国民政府と書いてありました。

これって見方をしてくれてたといことですか?なぜですか?

閲覧数:
171
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kod********さん

2014/3/1315:56:01

当時の中華は三つに分裂していました。国民党、共産党、南京国民政府(汪兆銘政権)です。その内の一つ、つまり南京国民政府は日本の強い影響下にあり、形式上は枢軸国として連合国と戦っています。

南京国民政府は日本の敗戦(=枢軸国の敗北、WWIIの終了)とほぼ時を同じくして消滅し、中華には国民党と共産党(反乱軍の立場です)が残りました。そして両者は内戦を続け、中華本土では共産党が勝利ました。一方国民党はと言うと、台湾に逃げ延びました。よって台湾・中国は仲が悪いです。台中問題についても調べてみると、勉強になるかもしれませんよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる