ここから本文です

これは質問ではなく、以下の回答の続きです。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co...

wam********さん

2014/3/1608:42:18

これは質問ではなく、以下の回答の続きです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012214965...

”引用かパクリか”

◎交響曲第1番「HIROSHIMA」とマーラー第3交響曲の比較(あくまで部分的)
■HIROSHIMA第3楽章後半
ttp://www.youtube.com/watch?v=Gfv2X8_2W38
指揮:大友直人
日本フィルハーモニー交響楽団
2014年2月25日東京芸術劇場でのライブ
*4月27日(土)Eテレにて放送

①8分50秒過ぎ~
弦が奏でる下降系のモチーフ(ミ-レ#-ド#)=マーラーの第3交響曲終楽章にもまったく同じ音で同じ音形が登場する
②9分18秒付近~
クライマックスを構成する基本音形(ソ#-ファ#-ド#-シ:①の下降系から派生)が、チェロによって奏され、感動的なメロディ(ミ-ミ-ファ#-ソ#-ド#→ド#-レ#-ミ-ラ~)を紡ぎ出す。
③11分25秒~
②の音形を繰り返しながら盛り上がり、ホルンが①の下降系のモチーフを重厚に響かせ、大団円へと向かう


■マーラー交響曲第3番終楽章
http://www.youtube.com/watch?v=bdS06DZJLek
指揮:マリス・ヤンソンス
バイエルン放送交響楽団及び合唱団
アルト:ナタリー・シュトゥッツマン
2010年10月12日ミュンヘン、ガスタイクでのライブ

①1時間22分40秒過ぎ~25分過ぎ
ノスタルジックで甘美な、マーラーではおなじみの下降→上昇の音形を繰り返し、じわじわ盛り上がっては引き、やがて来る感動のクライマックスを予感させる
②1時間26分10秒~
木管による下降系の音形(ミ-レ#-ド#、ファ#-ミーレ#)
③1時間30分過ぎ~
弦を中心に少しづつ盛り上げていき、ホルンが①の下降系鳴り響く


■マーラー第3交響曲第1楽章冒頭とブラームス第1交響曲終楽章の酷似
マーラーの第3番第1楽章冒頭、8本のホルンがユニゾンで豪壮に吹き鳴らすメロディ(ラ-レ-ド-レ-シ♭-ファ、シ♭-レ-ミ-ファ-ミ-レ-ド-ラ)が、ブラームスの交響曲第1番終楽章のテーマ(ソ-ドシ-ド-ラ-ソ、ド-レ-ミ-レ-ミ-ド-レ-レ)にそっくりなことは、音楽ファンならおそらく誰もが知っている有名な話です。
*ブラームス交響曲第1番終楽章・主題
ttp://www.youtube.com/watch?v=tKvQQajKg5Q
指揮:小澤征爾
サイトウ・キネン・オーケストラ
1990年欧州ツアー、ロンドン(ロイヤル・アルバート・ホール)でのライブ

クラシックの作品では、偉大な過去の作品からの引用が、それほど違和感なく行われます。新垣氏が書いた交響曲第1番「HIROSHIMA]も、「敬愛するマーラーの引用でありオマージュ」だと主張することもできる。

あと少し続きます

この質問は、ffk********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
389
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ffk********さん

リクエストマッチ

2014/3/2208:17:53

大変ご丁寧で詳細なる回答、感謝いたします。どうもありがとうございました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる