ここから本文です

文章を書くとき、逆接語をたくさん使ってしまいます。

sakujo_sakujo00さん

2007/8/523:51:25

文章を書くとき、逆接語をたくさん使ってしまいます。

400字詰めの原稿用紙に書いてみると、
1枚に5回くらい逆接語を使ってしまいます。
それから、頑張って校正してみても、
1枚に2回は使わないと文書が書けません。
これは多いですよね?
どうすれば、少なくできるでしょうか?
あと、類語辞典などにはあまり載っていない
2文節以上の逆接語があれば
教えてください。

閲覧数:
5,024
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2007/8/600:26:39

ストレートになるべく短い文章で物事を表現しようとすれば逆接続は減るはずです。
多弁は駄弁の事有り。
参考
*逆接
 (逆接続)しかし、しかしながら、ところが、それでいて、然るに、だが、が、ものの、けれども、(体言について)~ながら(おそれながら)
 (逆条件)それにもかかわらず、にもかかわらず(にも拘わらず)、のに(せっかく~したのに)
 (逆強調)それどころか、も(とはいっても、しても、でも)、~させこそすれ(~させることはあっても・~させる可能性はあっても)

質問した人からのコメント

2007/8/11 21:20:59

感謝 ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lo96969olさん

2007/8/613:16:31

逆説語を減らすには文章の構成自体を考えないといけませんね。
肯定文と否定文が交互になるからその間を逆接語で繋がらなければいけないわけで、
肯定文を動かして、他の肯定文と繋げられるところは繋げてしまえば、その間に順接語を置くことができます。
逆接語はあまり多いと難解でわかりにくい文章になってしまいますが、文章の内容、分野によっては避けようがない場合もあります。どういう内容か分かりませんが、1枚に2回ならそれほどでもないのでは?

carintitoさん

2007/8/600:13:51

私の研究結果から言うと、日本語は(英語諸語に比べ)接続語を多用します。それは、文と文のつなぎを補って流れをつくっているからです。内容にも寄りますが、400時詰め原稿用紙1枚につき5回というのはそれほど多いとは思いませんが、もし気になるようだったら接続詞に頼らなくても流れが途切れないような文章を心がけてみたらいいでしょう。文と文の繋がりがおかしくなければ、接続詞を除いても違和感がないはずです。(日本語の文章という前提で書きました、もし違っていたらごめんなさい)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。