ここから本文です

創価学会が立てる所の三宝の誤りについて…。 総本山第二十六世日寛上人様は、『...

gat********さん

2014/3/1916:46:49

創価学会が立てる所の三宝の誤りについて…。

総本山第二十六世日寛上人様は、『当家三衣抄)』に、

「南無本門寿量の肝心(中略)末法下種の主師親、大慈大悲、南無日蓮大聖人師(中略)事の一念三千無作本有、南無本門戒壇の大御本尊。南無本門弘通の大導師、末法万年の総貫首、開山・付法・南無日興上人師。南無一閻浮提の座主、伝法・日目上人師。嫡々付法歴代の諸師。此の如き三宝を一心に之れを念じて、唯当に南無妙法蓮華経と称え、乃ち一子を過ごすべし云々」

(六巻抄225頁)

仏宝:御本仏日蓮大聖人様

法宝:本門戒壇之大御本尊様

僧宝:

別して=日興上人様

総じて=日目上人様。嫡々付法歴代の諸師。

この法華経本門文底下種三宝を念じてお題目を唱えることが信仰の基本なのです。

しかし、池田創価学会は、『ニセ本尊』を作って下種三宝を破壊し、宗祖大聖人様、第二祖日興上人様以来の唯授一人の血脈を否定して血脈正統の教えを蔑ろにし、また血脈付法の御歴代上人を蔑ろにすることは、まさしく法華経の心に背く所業であり、大謗法であります。

一日も早く、日蓮正宗富士大石寺の正しい仏祖三宝様の元で信仰をしましょう。

閲覧数:
239
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tuk********さん

編集あり2014/3/1918:59:19

日寛上人のお言葉は、
『三宝抄』
『所謂僧宝とは日興上人を首と為す。是則ち秘法伝授の御弟子なる故なり。(歴全四―三八五頁)』
『仏と法とありと云へども僧あって習い伝えずんば正法像法二千年の過ぎて末法へも伝るべからず云云。又予が如き無智無戒も僧宝の一分也。(同三九六頁)』
『日興上人嫡々写瓶の御弟子なる事分明なり。故に末法下種の僧宝と仰ぐなり。爾来日目日道代々咸く是れ僧宝なり、及び門流の大衆亦爾なり云云。』(歴全四三九〇頁)
『僧宝とは久遠元初結要付嘱の所受の人なり』
日興上人を指す場合と、法主や僧俗を指す場合がございますので尊信の対象として日興上人であり、広い意味では法主や僧俗も僧宝ではあるけれども自身を尊信の対象などと思ってはならないのです。

日達猊下は昭和52年5月26日の寺族同心会において次のようにご指南されています。
「我が宗の三宝は、御本尊が法宝、大聖人が仏宝、日興上人が僧宝と立てます。それに対して日目上人は座主である。今言ったとおり、管領して、その大聖人の仏法を治めていく、よく受取って治めていく、すなわち管領という意味を持っていくのである。統べ治める、そして統治をしていく。その日目上人の後は、みな筒の流れのように、それを受継いでいくにすぎない。だから本宗の考えは、広宣流布の時は日目上人の再現、出現だという意味をとっております。すなわち日目上人が広宣流布の時の座主として再誕なされるとの指南であります。だから代々の法主が日蓮大聖人ではない。大聖人そのものと間違って書かれてよく問題が起きますが、その点ははっきりしてもらいたい。ただ三宝をお守りする座主、日目上人は永代の座主、広宣流布の時の座主、それを忘れてはいけないですね。だから客殿のあの座席、法主のあの座席は目師の座席なのです。真中に御本尊、向って左は大聖人、右は日興上人、目師がそれをお守りしていくと、その座が目師の座、今の管長の座は目師の座です…三宝はどこまでも、大聖人・日興上人・御本尊、これが本宗の三宝の立て方です」

法華講連合会第14回総会(1977年7月27日)では
「わが日蓮正宗においては、三宝はすでに宗規において定められておるごとく、大曼茶羅を法宝とし、宗祖日蓮大聖人を仏宝とし、血脈付法の人日興上人を僧宝とするのである。これを詳細に申しますれば、『法宝』は、本門寿量品文底秘沈の大法・本地難思境地冥合・久遠元初・自受用報身如来の御当体・十界本有常住・事の一念三千・人法一箇・独一本門戒壇の大御本尊であります。
『仏宝』は、久遠本因妙の教主・一身即三身・三身即一身・三世常恒の御利益・主師親三徳の宗祖日蓮大聖人であります。
皆朝夕勤行の時に観念文においてお唱えになっておる、そのまま法宝であり、仏宝であります。
『僧宝』は、法水瀉瓶・唯我与我のご境涯・二祖白蓮阿闍梨日興上人であります。
そこで日目上人は一閻浮提の座主と申し上げるのであります。以下歴代の法主は、日目上人の座を広宣流布の暁までお護りしているのであります。
この三宝の祭り方は、すでに戒壇の大御本尊様は人法一箇の御本尊であります。また宗祖日蓮大聖人のご当体でありますから、御本尊ご一体を安置し奉れば三宝をお祭りしたことになるのであります」
「要するに、人法一箇の御本尊を中心とするのが本来の正宗の行き方でございます。
御本尊に於いては三宝相即であります。各自皆様方の仏壇に御本尊を安置して朝夕に信心に励む。それで三宝を敬っておる充分な姿でございます。
又三宝は我々の信心修行する者の崇敬するところでありますが、我々僧俗も一つの僧宝として、即ち仏法を守護し伝習し、未来に仏法を伝える為の僧宝の一人と、広い意味から云うことが出来るのでございます。
しかし我々が布教し折伏するが故に、我々も僧宝であるから他の人々が我々を拝んでもいいんだと云うような心を起こせば、それは既に驕慢であります。どこまでも本宗の行き方は、御本尊、大聖人、僧宝としての日興上人を安置し、その三宝を中心として宗旨が建立されておるのでございます。
我々はどこまでも大聖人の教えを守り、各自それぞれの職業に励み、信心によって職業を盛大にし、しかも大聖人の弟子としての信心に励まれ、折伏に進まれることがもっとも大切なことでございます」
と言われておられます。

日蓮大聖人様は「曾谷殿御返事」にて「惣じては日蓮の弟子檀那」とお書きになっておられます。弟子檀那に総別あれば首であり随一なのは学会員にとって日興上人でございます。日顕氏や日如氏ではございません。
自身を三宝として扱えと日顕氏や日如氏が言われているのでしたら日蓮正宗の方々だけで三宝のひとつとして扱われて日興上人と並べて尊信なさってください。
我々は創価学会であり日蓮正宗ではありませんので日興上人を三宝として敬い尊信し続けます。

質問した人からのコメント

2014/3/20 09:33:39

一体三宝(内証)仏法僧は、内証において久遠元初の三宝、大御本尊と一体と拝する三宝。別体三宝(外用)仏宝は日蓮大聖人。法宝は本門戒壇の大御本尊。僧宝は日興上人と拝する三宝。住持三宝(化導)文底下種の三宝を令法久住する意義から拝する三宝。歴代上人は全て僧宝。故に日達上人は。「二祖日興上人より歴代を僧宝と立てておるのでありまして古来より少しも変っておりません」以上あなたが三義を理解していないだけの話です

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mon********さん

2014/3/2003:25:05

たしかゲッタブIDは都合の悪い回答がついたら取り消すIDでしたね。

質問にもなっていない上、日蓮正宗の創価学会員への勧誘投稿をするIDがマジでいるというのが笑いどころなんだろうか??

ado********さん

2014/3/1923:58:12

創価学会は、仏教のまねごとをしているので、矛盾がでてきます。

早く仏教のまねごとだけは、辞めてくれ〜!

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

shi********さん

2014/3/1920:12:59

そもそも、釈迦、仏教とは一切関係無い御本尊?とやらが白黒コピーだ?カラーコピーだ?などと幼稚園児以下のチッポケな屁理屈でジタバタ、四の五の最後の一人になるまで骨肉の争いを続けて、釈迦、仏教、日本の名誉と尊厳に汚物を吐き、腐臭だだよう泡を吐きまくる者どもに厳しく警告して、応分の制裁、処罰を加える前に下記の真摯な問いにどの様に返答出来るのか?全く返答出来ないのか?最後の審判を下すのは道理をわきまえた日本国民の当然の責任、義務、モラルではありませんか?

即ち、反仏教、反日本、不敬、不遜、モラル、道理をわきまえないで、朝鮮民族同士を拷問、虐殺しまくる事を日本がインフラ整備、経済援助するまでは自ら進んで積極的に殺人、強姦、あらゆる犯罪を犯しまくったくず外道の朝鮮仏教同然なのが日本においての外道日連とやらの偽らざる真実の姿であるのはほんの少し調べるなら瞬時に理解できるのはモラル、道理をわきまえた日本国民の責任、義務、モラル、道理ではありませんか?

ori********さん

2014/3/1919:24:29

月宮さんは引き出しが沢山あってわかりやすいですね。

質問者様も正しく勉強したらどうですか?

dak********さん

2014/3/1918:54:06

>総じて=日目上人様。嫡々付法歴代の諸師。


しかし、血脈を受け継いだ法主が、現在は
存在していないな(笑)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる