ここから本文です

メタノールとエタノールは、どう違うのですか?

parallel_world_d4cさん

2014/3/2317:54:45

メタノールとエタノールは、どう違うのですか?

閲覧数:
94,400
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2014/3/2502:35:23

>メタノールとエタノールは、どう違うのですか?

★エタノールとメタノールの違い
エタノール:肝臓で代謝可能(つまり飲むと酔うアルコール)
メタノール:神経毒。失明、最悪死に至る

エタノール:消毒用アルコール(70~80%エタノール)などの名前で販売されている
メタノール:毒物劇物取締法「劇物」。購入には法律で定められた書類の記入、押印、身分証名称が必要。(※ただしエタノールと混合して一定の条件を満たせば"燃料用アルコール"としてホームセンターなどで一般客への販売も可能。ただし毒性があるので飲んではいけません。)

エタノール:主に消毒用に使用(酒税が加算されるので高い)
メタノール:主に燃料として使用(アルコールランプなど。酒税がかからないので安い)

エタノールは飲用できますが,メタノールは劇物で飲めません. 全くの別物です.
薬局等で売っているエタノールは飲めなくしてあります。
80%位に薄め消毒液に使います。

見た目も臭いも区別が付かないので気をつけて下さいね。(事故防止のためにメタノールに着色して販売することがあります。)

・お酒の中のアルコールはエタノール
・燃料用のアルコールはメタノール

炭素原子の数が違います。
・エタノール(エチルアルコール):C2H5OH
・メタノール(メチルアルコール) :CH3OH
メタノールはエタノールより炭素が一つ、水素が2つ少ないアルコールです。
体内でのエタノールと同じ変化をすると、ホルムアルデヒド、ギ酸というものに変わっていき
このホルムアルデヒドやギ酸は、エタノールが分解されてでてくるアセトアルデヒドよりも毒性の強い物質だということです。
メタノールは、8~30ml飲むことで失明、下手をすると死亡に至るそうです。
かなり詳しく書かれていますので参考に → http://www.takasugi-seiyaku.co.jp/prdt/04_02.html


★こんなブログもありました。
『エタノールとメタノール この違いは1文字ではないのです』 → http://suecast.iza.ne.jp/blog/entry/73110/

★YouTube にてメタノールとエタノールの違いを動画にて詳しく説明があります。
以下のURLを参考にしてください。
http://www.youtube.com/watch?v=sGltMPY9M3M

★過去質問にメタノールとエタノールの違いは何ですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q113271881
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1430274539


大体答えは出揃っているようなので、ちょっと余談です。

メタノールは燃料に使うと良いです。
これは燃えるものなら安い方が良いという理由です。

反応材料としてはメタノールの必要なものもあればエタノールの必要なものもあります。
例えば湿布薬として知られているサリチル酸メチル(これを主成分とする商品の一つがサロメチールです。)ではサリチル酸とメタノールを使います。
日常的な用途ということで言えば安全な方を使います。
メタノールの沸点は65℃です。
エタノールの沸点は78℃ですから極端に蒸発しやすいというものではありません。
アセトンの56℃よりも高いです。
ビンで普通に保管しています。
以前は燃料用アルコールというのを売っていました。
薬局で買うときは印鑑が必要でした。
消毒用のアルコールを買うときは印鑑が必要ありませんでした。
燃料用アルコールはエタノールにメタノールが混ざっています。
消毒用のアルコールはエタノールに水が混ざっています。

エタノールにメタノールを混ぜると飲用に転化できなくなるので酒税法の対象から外れるというのが安い理由でした。
印鑑がいる理由はメタノールが有毒だからです。
今は制度が変わって印鑑が入らなくなったというのを聞いたのですが成分的にどう変わったかは調べていません。
同じエタノールといっても製法によって何が混入してくるかが変わります。
飲用目的の場合はppmレベルで問題になる物質もありますから製法を選ぶ必要があるかもしれません。

使用量に関してはおそらくエタノールよりメタノールの方が多く使われていると思います。
エタノールは高価なので工業的にどちらも使える場合はメタノールを選択します。
メタノールはインクや塗料の溶剤や、燃料用、洗浄用、抽出用など、用途は様々です。
食品関係でも製品の時点で完全にメタノールを除去できるのなら使用が認められています。(栄養素の抽出などに使います)
個人的にはホワイトボードの清掃用にメタノールを使っています。
おそろしいほどキレイになるのでお気に入りです。

長文お許し下さい。

有難うね!

▼メタノール:主に燃料として使用(アルコールランプ等。酒税がかからないので安い)

>メタノールとエタノールは、どう違うのですか?

★エタノールとメタノールの違い...

「メタノール」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

harharda0718さん

編集あり2014/3/2512:11:17

メタノールは メチル アルコールの 略

エタノールは エチル アルコールの 略です 。

つまり 両方とも アルコールですが 、

一般的に アルコールとだけ 言った場合には エチル アルコール (エタノール)を

示す事が 殆どです 。




先の回答者の回答は 正しいので 参考に して下さい 。


最初の回答 示性式は CH3OH , C2H5OHですので 、

水素の数も 異なります 。

kuruteku5さん

2014/3/2319:14:06

エタノールは、飲んでも大丈夫(薄める場合が多い)お酒などもエタノールが含まれます。
それに対してメタノールは毒性がありますので絶対に飲んではいけないです!!

gekame1001さん

2014/3/2318:10:57

炭素原子の数が違います。
メタノール CH3-OH
エタノール C2H5-OH

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。