ここから本文です

平日の残業では賃金25パーセント・休日出勤の際は35パーセントの割り増しというの...

swi********さん

2007/9/110:30:24

平日の残業では賃金25パーセント・休日出勤の際は35パーセントの割り増しというのは
わかるのですが、休日出勤でかつ残業した場合の賃金の割り増しは更にアップするのでしょうか?
どなたかお答えいただければ幸いです

閲覧数:
120,796
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ors********さん

編集あり2007/9/118:00:48

賃金の割増は
1、法定労働時間(日に8時間、週に40時間(特例措置対象事業場は44時間))を超えると25%
2、法定休日(原則1週に1日、4週に4日でも可)の出勤はその日の就労時間にかかわらず35%
3、深夜(原則22時~5時)の就労でその日の就労時間にかかわらず25%
で、このうち1と3、2と3が重複したときは累積されそれぞれ50%、60%の割増になります。
1と2は重複しません。
つまり休日出勤は終業時間全部に対して35%の割増が適用されます。
(休日出勤で尚且つ深夜になれば60%ですが)

また、休日出勤の扱いについても3種類あります。
A、法定休日で事前に代替の休日が指示されて“いない”場合は休日出勤として上記の2が適用されます。
B、法定休日で事前に代替の休日が指示されて“いる”場合は通常の時間外として上記の1が適用になります。
C、法定外の休日(週1日を超える休日)は通常の時間外として1が適用になります。
例えば週休2日などの会社で実際にどの日が法定休日にあたるかは法律上の規定はなく、会社の就業規則等によります。

ちなみに代休を取った場合は代休日は賃金は発生しません。
ただしその日の賃金は通常の時給×所定労働時間で計算されます。
また、割増はその日、その時間に就労したことに対する賃金ですから、
仮に後日に同じ時間の休日が与えられたから支給されないということはありません。
つまり、時給1,000円、所定労働時間8時間の人が8時間の休日出勤し後に1日の代休をとったときは
出勤=1,000×1.35×8時間=10,800円
代休=1,000×8時間=8,000円
差し引きしても2,800円は手元に残ります。
(結果的に割増の分が残ります)

ただし、これは法律で決められた最低基準ですから会社の就業規則等でこれ以上の基準を定めることは可能です。

質問した人からのコメント

2007/9/3 10:42:06

大変勉強になりました。皆様ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rai********さん

2007/9/113:48:07

休日の残業というか法定休日に8時間以上労働しても割増賃金は「35%以上」のままです。

ただしその残業が深夜(原則として午後10時から翌午前5時まで)にかかるようですと
法定休日の場合は「60%以上」の割増賃金となります。(法定休日以外は50%以上)

unf********さん

2007/9/110:36:46

休日出勤そのものが、残業ですから、残業の残業という概念はありません。


我社では、休日出勤が発生した場合、
4時間勤務なら、半日。
8時間勤務なら1日。
強制的に振替え休日を割り当てられ、
その「休日出勤」は、平日勤務となってしまいます。

したがって、ちなみに「休日出勤6時間」なら、
半日の振替え休日と、2時間の通常残業手当て。

休日出勤9時間勤務なら、
1日の休日出勤と1時間の通常残業手当て(25%上乗せ)となります。

jib********さん

2007/9/110:32:01

>休日出勤でかつ残業した場合の賃金の割り増しは更にアップするのでしょうか?

しないと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる