ここから本文です

当方トロンボーン経験あり男性です。マウスピースについて 皆様のご意見お伺いし...

iba********さん

2014/3/2823:57:58

当方トロンボーン経験あり男性です。マウスピースについて
皆様のご意見お伺いします。
所有楽器はBACH42Bイエローブラス(といっても30年くらい前
のもので、ラッカーほとんど残存していません。トラディショナル

というF管のものです)
で、マウスピースは61/2Aを使ってます。
特段頓着していなかったので、他の品番との違いは
考えたことはないのですが、Aよりも61/2ALのほうが
使っている人は多いようですよね。カタログなどでは
AとALはリム形状は同じ、とかいてあるものがほとんど
ですが、先日ALを見て、ちょっと試しに吹かせてもらったら、
同じ形状、といっても、どう見てもAのほうがリムが丸みが
あり、ALはAより平たい
感じがします。口にあてた感じでも。まあ、A以外のものを
使っていないので、単純に不慣れな違和感なのかもしれませんが、
両方知っている方、いらっしゃるかどうかは分かりませんが、
AとALで使い分けをしてる方いらしたら、どんな用途で使い分けてる
のか、また、違い、(音色、吹いた感覚など)お聞かせいただけますか?
どちらがハイトーン出しやすい・・・とかいう問題は、練習でどうにか
する範疇のことだと思いますので、実力かえりみずマウスピース探し
の旅?をする気はありませんが、ちなみに、Aの丸みのあるリム形状
に対して、ALのように平ため(と自分が感じてるだけかもしれませんが)
で良い点があればお教えください。

閲覧数:
228
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2014/3/2911:18:34

基本的には(設計上では)、AとALの違いはボアとバックボアの違いだけです。ただ、バックマウスピースは製造時期や職人や製造機械の具合などの違い(つまり製造上の問題)によって製品のばらつきが大きく出ていることがあると言われています。
おそらく貴方の感じられたのもその「個体差」によるものでしょう。ただ、型番数字が異なると設計上もリム形状を違えていることがあります。バックマウスピースのリムはどちらかというと狭めで丸めですね。

丸いリムでも幅が広めだと丸いという感触は起こりにくく、結構丸くても使用者本人は平べったいと感じることがあります。逆にリムの中心は平たくても幅を狭めにしたり内側や外側のバイト形状を工夫すると意外に丸く感じさせることができます。

ワタシ自身は平たいリムのゴールドプレートが好みでデニスウィックをよくチョイスします。丸めのシルバープレートものとの比較では感触の差があるだけで機能上の差はそれぞれのモデルの総合機能次第なのでリムの丸さ加減のみでの単純で断定的な比較は難しいのですが、6-1/2A系のよりも少し平らめでデニス系のよりも少し丸めのリムを持ったマウスピースはアタックミスを助けてくれる機能を持っていると感じています。
また、丸い系のはリラックスして吹くと楽に鳴ってくれるけれど大音量や極小音量を求められる演奏には向かないし、平たい系のはエアコントロールに常に気を付けて演奏していなければアタックミスが如実に表れるけど大音量や極小音量の演奏にはとってもよく応えてくれる、という感想を持っています。
両方の良い特徴を併せ持った本当のオールラウンドなマウスピースはなかなか見つかりませんが、ワタシの場合はほぼ満足するものを3つほど見つけています。

参考にしてみてください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる