ここから本文です

浄水器・整水器・活水器の違いとそれぞれのメリット・デメリットを教えてください

kot********さん

2007/9/519:50:58

浄水器・整水器・活水器の違いとそれぞれのメリット・デメリットを教えてください

閲覧数:
30,969
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mso********さん

2007/9/712:43:04

浄水器は、水道水や井戸水などの原水を繊維や活性炭や膜などのフィルター類でろ過または、分離させて浄水させる物です。
メリットは、精度や価格の高低があり、消費者のさまざまな条件により選択できます。
デメリットは、必ずフィルター交換が必要なので(整水器も同じ)、手間とコストがかかります。

整水器は、アルカリイオン水製造装置からできた言葉です。水道水を電気的もしくは化学的にアルカリ性水と酸性水とに分ける装置で、浄水器ではなく医療器具に属しています。大半の装置が内部にフィルターなどを内臓されているので浄水能力もあります。
メリットは、胃腸が弱い人に改善が見られるようです。
デメリット、胃腸機能ができあがっていない乳児や幼児などには適しません。また、薬の飲むための水にも適しません。(アルカリイオン整水器協議会も認めています)

活水器は、自然石や磁石などで水道水などの配水管に取り付けて水の成分を活性化させると言っている(根拠が全く無い)装置で、これも浄水器の分類に属しません。
メリットは、浄水性能や根拠のある有効性能が無いので全くありません。

浄水器や整水器などを検討されているのでしたら、商品を充分に見極めることと、後は業者をしっかりと見極めることです。
詐欺などをするのは、品物ではなく、人なのですから。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

war********さん

編集あり2007/9/520:29:17

 浄水器は基本的に活性炭や膜によるろ過方式で水道水に含まれる塩素や鉄錆などを除くものです。塩素のにおいが気になる場合や、配管や貯水槽の汚れが気になる場合は利用価値があります。高価なものもありますが、そのほとんどは大手メーカーの安いものと大差ないはずです。

 整水器は、浄水器の機能にさらに水を電気分解するような機能を付け、アルカリ性の水と酸性の水を作り出します。アルカリ性の水は美味しくて健康によい、酸性の水は除菌能力があり洗物などによいとされています。浄水器に比べ一般に高価ですが、健康増進や除菌の能力はたいしたことないはず。これらの面ではお勧めしませんが・・・美味しい水にこだわる人で実際に美味しいと感じるなら利用してみる手もあるでしょう。

 活水器というのは、さまざまあるようですが、セラミックスや自然石、磁石などを利用して水を活性化するという触れ込みのものが多いでしょうか。恐らくそのほとんどがいんちきか気のせい、というレベルのはずですが、浄水器、整水器に比べ遥かに高価なことが多く、この値段に逆に騙され、しかも値段ゆえ買った人間は騙されたことを認めたがらない、ということがあるようです。

 私自身は浄水器を使っていたこともあります。あえて飲み比べてみれば水道水との違いははっきりわかります。しかし、フィルターの交換の手間が面倒になって今では普通に水道水を飲んでいます(^^;

ついでに騙されないための参考ページ
http://atom11.phys.ocha.ac.jp/wwatch/intro.html

bkf********さん

2007/9/520:01:10

メリットもデメリットも有りません、全部詐欺アイテムです。
騙されない事です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる