ここから本文です

光仁天皇の皇后の高野新笠は帰化人何世ですか

han********さん

2014/4/910:16:42

光仁天皇の皇后の高野新笠は帰化人何世ですか

日本書紀に帰化人と書いて有るのにどうして教科書には渡来人と書いて有るのでしょうか
韓国から要請が有って教科書の捏造したのですか

補足amano~さん回答有難うございます
高野新笠は皇后ではないのですね
5代先が帰化したのなら血統的にほとんど日本人ですね、マスコミはいかにも天皇は朝鮮の血統と言っていますがどうしてでしょう、日本人は南方系の縄文人と大陸から来た人との混血の弥生人の又混血だら
マスコミに言わせると日本人は全部朝鮮人になりますね、これっておかしくは有りませんか?
これを少し発展させると世界の人類はすべて黒人になります

閲覧数:
199
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ama********さん

編集あり2014/4/1015:24:59

続日本紀によると、高野新笠は、武寧王の十代目の孫となっています。一族は、高野新笠の六代前に帰化したとなっています。
武寧王は523年に亡くなっていて、高野新笠は720年頃生まれ(790年没)となっているので、200年以上の時差があり、普通の人から考えると全然知らないほど遠い血筋ということになりますね。

高野新笠については、武寧王の子孫がなぜ日本にいるのかなど謎も多いようです、側室になったときは身分がかなり低く、高野という姓もこのときも下賜されたとされます。高野新笠の身分が低いという理由で、桓武天皇(山部王)は皇太子にはなれない立場だったのですが、光仁天皇の皇后である井上内親王とその子の皇太子が失脚し、皇太子の地位が回ってくることになります。

山部王が皇太子になっても高野新笠は皇后になれませんでした。やはり身分の低さが理由です。桓武天皇は生母である高野新笠を大事にしていて、後には皇太后や太皇太后の地位が与えられます。身分の低い生母の生い立ちを由緒ある家系にするために武寧王の子孫を捏造した可能性も考えられます。

帰化人が渡来人と言い換えられるようになるなど、韓国が教科書に口を出している傾向がありますね。教科書には近隣諸国条項というのがあって、韓国の言い分が必要以上に取り入れられていました。この近隣諸国条項は安倍内閣で見直されるようになったということです。

(補足について)

天皇陛下が、「続日本紀に、桓武天皇の生母が武寧王の子孫と書かれていてゆかりを感じます」と発言した時に、韓国のマスコミは、「日本の天皇が朝鮮出身を認める」みたいな報道をしましたが、全く見当はずれもいいとこです。
むしろ、古代において、これしか関係がないとすれば、日本の皇室は朝鮮とほとんど関係がないと言っているようなものです。隣国なのに、これだけ関係が薄いのも珍しいと思います。彼らは、日本の天皇が朝鮮出身と思いたがっているだけなのです。

韓国人のいうことを気にしていたらきりがありません。彼らにしてみたら、天皇だけでなく、卑弥呼も聖徳太子も天照大神もみんな朝鮮人なのですから。日本だけでなく、中国の孔子も韓国人と言っているそうです。文明の起源は韓国だなどと言ってひんしゅくを買っています。

韓国人は妄想の中だけで生きているので気にしてはいけません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる