ここから本文です

園芸用の草木灰の使い道

rou********さん

2014/4/1022:37:26

園芸用の草木灰の使い道

主に園芸用の草木灰は、じゃがいもを植え付けるときに
断面から腐らないようにまぶして使うものだと思います。
この草木灰ですが、サンスベリアや多肉植物他の
挿し木・葉挿しの際に切り口にまぶして使うことも出来ますか?
通常断面を乾かしてから葉挿しするものも、直ぐに挿せますか?

補足草木灰には肥料としてだけではなく、
断面から雑菌が繁殖するのを防ぐ効果があるんです。
パッケージ・袋にも説明書きがあります。
ただ、一般的にじゃがいもへの使用は効果があるとされていますが、
それ以外の、特に多肉質な植物で腐食を防止できるでしょうか?
という意味の質問です。

閲覧数:
299
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

aba********さん

2014/4/1113:28:35

大昔はともかく、現在はジャガイモの切り口に草木灰を付けると言う事はしません。

ジャガイモを切った後は何も付けずにそのまま高温多湿の場所に2~3日置いておくと、新しく形成された組織が切り口を覆い、これによって腐敗を防ぎます。この作業を「キュアリング」と呼び、人間で言えば傷口にかさぶたができるのに近いです。キュアリングしたイモは触ってみると透明な組織が切り口を覆ってざらざらしているのがわかります。
草木灰は強いアルカリ性で、細菌はアルカリ性に弱く酸性で繁殖しますので、草木灰を付けると細菌が繁殖しにくくなる事はありますが、同時に植物にもダメージを与え、キュアリングを阻害します。そのため、現在はジャガイモには草木灰は付けない方が良いとされています。何か付けるのであれば農薬で、草木灰よりも遙かに植物への悪影響が少ないです。
また、そもそもジャガイモはアルカリ性を嫌う植物なので、肥料としても草木灰は向いていないです。

他の植物でも同様で草木灰は悪影響の方が大きい可能性があり、使うのであれば肥料に限定した方がいいでしょう。

質問した人からのコメント

2014/4/11 16:33:33

大昔と言うか、この間のNHK趣味の園芸で、
じゃがいもの切り口に草木灰を使うと紹介していました。
また、店頭にも「じゃがいも用草木灰」というものが売られており、
含まれるカリ成分が、じゃがいもの成長を促すという説明書きがあります。
実際のところ どうなのでしょうか?

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

meg********さん

2014/4/1110:07:51

わけのわからない質問ですが、草木灰はジャガイモの切り口に使うとしても本来は肥料です。

サンセベリアなどの挿し穂の切り口につけても、たいして乾燥効果はないでしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる