都道府県名と県庁所在地名が違うところは,明治維新のときに官軍ではなかったからと聞いたことがありますが,それですべて説明がつくのでしょうか教えて下さい。

日本史13,083閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

5

5人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

一部に報復的な命名が行われた例もあるようですが、殆どは官軍賊軍とは関係なく現在では俗説とされています。 県と言うのは本来は地名ではなく役所の名前でした。○○県というのは○○にある役所という意味です。大阪にある裁判所だから大阪裁判所とか言うのと同じ原理です。それが後になって県の治める範囲の地名とされていったものです。なので、本来は県名と県庁所在地の地名は一致しているはずです。 県庁名と県庁所在地名が一致していないところがある理由は 県が合併整理を繰り返す中でずれてしまった。 最初に県名をつけるときに都市名ではなくて郡名を採用した。 のいずれかの理由が考えられます。 前者に関しては廃藩置県終了後の話ですので官軍・賊軍とは関係ありません。 後者に関しては、明治政府としては古代律令にルーツを置く郡名を採用する方針だったようですが、域内に圧倒的に有力な都市がある場合は都市名を採用することもありました。 有力都市と言うと江戸時代の「外様雄藩の城下町」であるので、官軍側の都市になっていることが多いです。 そのためにご質問のような俗説が生まれることとなったようです。 このように、現在の「この地域の不遇は過去の歴史のせい」という俗説に「鉄道に反対したので駅が出来なかった」というものもあります。

0

司馬遼太郎さんがそのようなことを仰っていますね。 神戸は時代によって尼崎藩領だったり天領だったりしましたが、兵庫県が成立したときは天領だったんです。 藩が県になる前に、天領が府県になっています。代官所の役割である裁判所を設置し、県庁になってゆきます。 廃藩置県までの府県の範囲はこのようなものです。 http://web.pref.hyogo.jp/pa13/pa13_000000013.html 開港予定地は兵庫村の北前船の基地であった港だったんですが、実際は数キロ東の神戸村が開港地となります。 兵庫村のほうに県庁が置かれたので、県名は兵庫県となりました。 廃藩置県の段階では藩名がそのまま県名に移行したのがほとんどです。(右下の第一次府県統合クリックで、次の段階にゆけます) http://www.gichokai.gr.jp/newhp/07ayumi/03.htm http://www.tt.rim.or.jp/~ishato/tiri/huken/h-kinki.htm 藩であったところはお城の所在地が現在の市名へとかわっていったところが多くあります。 和歌山県は和歌山市が県庁所在地ですが、和歌山藩は紀伊家で、徳川家でした。 第一次統合で明治4年、第二次統合だと9年ぐらいになりますか?一連の戊辰戦争からはそれなりに時間がたっていますね。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%8A%E8%BE%B0%E6%88%A6%E4%BA%89 郡名から県名をとっているところも多いです。そういうところの旧藩名をみていかれてはいかがですか。

0

ほとんど、説明がつきますが都道府県名と県庁所在地名が、同じ県もあります。 福島は会津若松23万石が最大だったので、 本来なら会津県会津市とか会津若松県会津若松市となるところ 福島に、福島は3万石のちっぽけな国 「お前なんかに県名も県庁もやらないもんね~~」 となったのです。 なお、青森は津軽藩でしたがこれも当時、寒村だった青森に決めたのです。 山形県は、雄藩米沢にも庄内にも県庁をおかず、 小さな山形において県名もそれにしました。 江戸は完璧に消えましたし 官軍は本当に意地が悪かったのです。