限られた調味料でナスの漬け物を作る、できるだけ簡単な方法を教えて下さい。

限られた調味料でナスの漬け物を作る、できるだけ簡単な方法を教えて下さい。 アメリカ在住の留学生です。漬け物が食べたいです。こちらのナスは大きいですが、意外とおいしいので、これを使って漬け物を作ってみようと思います。 日本にいる時もナスの漬け物づくりに挑戦しましたが、あまり上手にできませんでした。その時はたしか、水にさらした後、塩と魚醤を混ぜた漬け汁に混ぜただけだったと思います。 過去の質問や他のサイトを検索したりしたのですが、手に入りづらい調味料を使った、ちょっと凝ったものが多いので、あまり参考になりませんでした。 現在手持ちの調味料は・・・ 醤油 魚醤 塩(海水から作ったもの) 調理酒(肉用の洋酒で白と赤があります) 蒸留酢 味噌 だしの素(日本からの輸入品。味噌汁を作るために購入しました) わさび 粒入りマスタード マヨネーズ ケチャップ 天ぷら粉(!) などがあります。これらをうまく使って、あるいはこれらにどこでも手に入るような調味料を加えて、できるだけ「それらしく」漬け物を作る方法はありますか? みりんや鷹の爪、味の素などは手に入れるのが難しいです。 難しい注文かもしれませんが、ご飯といっしょに食べられる「それらしい」漬け物があればいいので、ご教授お願い致します。

レシピ1,596閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

単純に塩もみした後に圧力をかける(容器に入れて重石をする)でもよいのでは?? http://www.tim.hi-ho.ne.jp/agtusa/honduke/nasu/nasuduke.html を見てもあとはミョウバン(色の定着を良くする)だけで、基本的に塩だけです。 (このページは化学調味料を入れてますが、ダシ昆布だといいですね。そちらの 手持ち調味料ならだしの素をわずかに入れる程度) #質問から外れますが、味の素と唐辛子は手に入るでしょ? 特に後者はRed Pepper (Cayenne)としてどこでもあるはず。monosodium glutamateも中華料理がある限りあるはず。 http://www.rakuten.co.jp/e-sbfoods/148990/149102/

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答を有難うございました。最初に投稿して下さり、一番シンプルだった回答をBAにさせていただきますが、ヨーグルトはぜひ試してみたいです。早速、塩もみして、隠し味にだしの素、魚醤、にがり、わさびで漬けてみました。いい感じです!

お礼日時:2007/9/16 6:49

その他の回答(2件)

0

(1)ナスのヘタの部分はそのままで、4つに切り込みを入れて、ヘタの部分だけでつながって いるようにします。 (2)塩をたっぷりつけて手で揉んで、グニャグニャ状態にします。 (3)塩を適度に洗い流して(食べてみてあまり塩辛くない程度) (4)プレーンタイプのヨーグルト(要するに生きた乳酸菌)を大さじ半分以下 (5)タッパーにだしの素、わさび、味噌、醤油の中からお好みを入れて、やや濃い目の味にし (6)(3)(4)を(5)の中に入れて冷蔵庫で保存 (7)2時間~1週間程度まで、美味しく食べられます。^^ 注意: 生きた乳酸菌が手に入らない場合は、雑菌の繁殖が抑えられないので気をつけてください。 ビオフェルミンなどの乳酸菌系の整腸薬も生きた乳酸菌として使えます^^  お奨めの調味料の混合は(私の好み?^^;) ①だしの素(昆布系)、(七味)orわさび、摩り下ろしたショウガ ②味噌、醤油 です。 ・酒(アルコール)はアルコール臭気が気になると思います。 ・魚醤は生臭いのがOKならコクが出ます。 ・コクを出さない(アミノ酸を加えない)塩+わさび だけもけっこう美味しいです^^ ・長期保管(~1ヶ月)したいなら、味を思いっきり濃くしてください。 ・酢は酢酸なので独特の臭みがあります。レモンを入れると良いかもです。 ・乳酸菌の餌としてオリゴ糖が入手できれば、甘味を感じない程度に少量加えればベストです。 美味しいレシピが出来たら、教えてねぇ^^ 追記  (1)は日本のなすでの切り方なので、巨大ナスであれば適当な大きさで^^;

0

漬物の基本は「塩」です。 ナスをスライスして、塩をかけて、しばらくすると水が出ます。 これを絞ってやれば漬物です。 味が足りないと思ったら「かつおぶし」をかけましょう。これは「だしの素」でも代用できます。 もっと深い味わいは発酵させなければ出ませんが、乳酸菌を選択的に繁殖させることができる環境ならどこでも作れます。 そのために塩を使います。 植物性の乳酸菌は塩に強いので、ほかの雑菌が繁殖できない環境でも生き残るのです。 伝統的な漬物の造り方は、塩をたくさんまぶした野菜を樽に入れて重石をのせて水を出すやりかたですが、外国では塩水と酢で先にマリネ液を作ってそれに漬け込むことが多いようです。 試しにナベに湯をわかしてうんと濃い塩水を作って、ステンレスのボウルか何かに野菜を入れて上から塩水をかけ、野菜が沈むように何か重石をして室温においとけば、翌日あたりには漬物のにおいがしてくるでしょう。 野菜からも水分が出て薄まるので最初は思い切って濃い塩水にします。 最初に酢を入れて酸性にしてやるのも、雑菌を抑えるのには良いはずです。 菌の繁殖具合が心配なときはそのまま食べないで、取り出した漬物を牛肉といっしょに鍋に放り込んでスープのダシにすると良いと思います。 ロシア人はこれをキャベツでやります。 すべては微生物がやるのです。 人間が調味料を使って自然を支配するのではなく、自然と共存する東洋的な食べ物なのです。