ここから本文です

高杉晋作と、坂本竜馬の関係についておしえてくださーい。

yu_u_ri2006さん

2007/9/1620:32:16

高杉晋作と、坂本竜馬の関係についておしえてくださーい。

高杉晋作が幕府と小倉城の戦いをしているとき、坂本竜馬も海援隊をひきいて参加していたとききますが。。。坂本竜馬の手紙にも高杉晋作についてかかれたくだりがあります。

ふたりは出会っていたのですか?

どんな関係だったんでしょうか?
ご存知の方ぜひおしえてください。

閲覧数:
12,681
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

moki280さん

2007/9/1719:12:24

二人は出会っていますよ。
坂本龍馬が持っていたピストルは、高杉晋作が贈ったものです。
高杉晋作側では、この事実は確認できませんが、坂本龍馬からの手紙で確認できます。
更に、薩長同盟締結の確認に向かう坂本龍馬に、応援の言葉を書いた扇子を贈ったのも高杉晋作です。
この二人がどの程度懇意にしていたかは分かりませんが、ただの知人程度ではなかったことは、以上のような史実で確認できると思います。
ちなみに坂本龍馬の手紙に書かれた高杉晋作とは、小倉戦争時の酒を飲みへたへた笑っていると言う描写だったと思います。
このような描写が出来ることからも、お互いに少なからずの信頼関係があったように感じますね。

質問した人からのコメント

2007/9/17 22:15:07

笑う ありがとうございます!!大変わかりやすく、おふたりにBAをあげたいのですが、ひとりだけなので時間順で決めさせて頂きました。当時の英雄同士がただならぬ関係だったなんてうれしいのと驚きと感激でいっぱいです。おふたりとも有難うございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2007/9/1719:43:05

薩長同盟が結ばれたのが1866年1月。
長州征伐が同年6月。
そして、高杉晋作が1867年5月に亡くなっていますので、2人の時間はたいへん短かったのです。
薩長同盟のときには、すでに晋作は病気に冒されているので、薩長同盟も桂小五郎が中心となっているくらいです。

2人のつながりですが、確実なものとして、下関の商人だった白石正一郎に2人ともお世話になっていることでしょう。
高杉晋作には政商としてお金の面倒を見ていますし、坂本竜馬に頼まれて妻お龍の面倒を見ている時期があります。
晋作が竜馬に紹介したようです。
また、これは諸説あるのですが、寺田屋で竜馬が幕吏に捕まりそうになったときに撃った鉄砲は、高杉晋作が上海に行ったときに購入したものとも言われています。

両者は良く比較されますが、短くとも、深いつき合いだったのではと思いたいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。