ここから本文です

引数とは?

有機物さん

2014/5/308:06:30

引数とは?

閲覧数:
411
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iku********さん

編集あり2014/5/312:17:38

「電子レンジ」と言う関数があったのなら、「引数」は、入れるもの。
「戻り値」は、温まったものになります。

「引数」は、いろいろなものを入れられます。
「電子レンジ関数」の中に、ご飯を入れれば、温まったご飯が出てくるし、麻婆豆腐や焼きそばでも、可能。
で、温まったものが、プログラミングでは「戻り値」と言われ、温まったご飯であったり、麻婆豆腐や焼きそばです。
「戻り値」がない関数もありますけどね。

この場合は、お賽銭とか?(なぜお賽銭を思いついたんだか。(苦笑
「お賽銭箱が関数」だとすると、そこにお金を投げるのこのお金が、引数です。
5円でも、25円でも、1000円でも、500円でもかまいません。
投げられたお金は、「お賽銭箱関数」の中で処理されて、戻ってはきません。

まぁ、電子レンジくらいまとまった機能をもったものは、「クラス」という概念の方がしっくりきますが、言語名がわからんので、まぁ、最初は、「引数」が「入れるもの」、「戻り値」が「処理されたもの」、くらいのイメージでよいかと。

質問した人からのコメント

2014/5/9 21:36:23

成功 わかりやすい説明ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2014/5/310:29:23

引数とは、コンピュータープログラミングで用いられる用語です。

引数には2つの種類があります。仮引数と実引数です。

仮引数はサブルーチンやメソッド等のプロシージャー定義の部分で定義されるものです。この名前の変数は、サブルーチンやメソッド等のプロシージャーの中でしか有効ではなく、外部からは完全に独立した別の変数です。同じ名前が合っても、同名の別のものとして扱われます。

実引数はプロシージャーを呼び出すときに指定するものです。実行時には、実引数の値を仮引数がその値だけをコピーして受け取ります。この方法を「値(あたい)渡し」と云います。

「引数」の読み方は、変則的に湯桶読みして「ひきすう」とするのが一般的です。

実引数と、仮引数では、同名でも互いに関係は無く、サブルーチンやメソッド等のプロシージャー内で仮引数の値を変更しても、実引数には全く影響はありません。この事で、サブルーチンやメソッド等のプロシージャーを、1つの部品の様に使うことが出来るのです。

この独立性が有る為に、サブルーチンやメソッド等のプロシージャーの中は、外側の変数名を全く気にする事無しに、自由に仮引数名や、変数名を定義して処理を記述でき、何処からでも呼出してその手順を使う事が可能となります。

ただし、C言語では、値渡し方式では、複数個の引数を受け取る事が出来ても、return 文では1つの変数しか結果を返す事が出来ません。

そこで、多変数を授受できる様にする方法として、ポインターや構造体、クラスを使うのが常套手段となります。

「ポインターや構造体、クラス」については、別途お調べ下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる