ここから本文です

親の決めた結婚相手と結婚する風習は日本ではいつまであったのですか?

jpj********さん

2014/5/720:35:39

親の決めた結婚相手と結婚する風習は日本ではいつまであったのですか?

閲覧数:
859
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ben********さん

2014/5/720:45:10

うちの親なんかそうですが、女のほうに、断る権利は、あったようです。
母は、2回目、父は、33回目で、成婚です。

女に全く断る権利がなかったのは、その一代前のようです。

母方の祖母は、祖父の亡妻の妹なのですが、かなり否応なしでした。
物置に閉じ込められて、既成事実成立だそうです。
乱暴な話ですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ryo********さん

2014/5/811:31:43

昭和30年までは確実にありました。
要するにじぶんの血筋には何が足りないかで、相手を探します。金、格式、身長、知能、・・・・
馬とか犬のようにいい交配相手を見つけ品種の改良が基本です。上流階級なるものは古今東西みな同じです。

bel********さん

2014/5/801:12:47

戦前までです。家という制度があり、家長が一家を統率してました。家を継ぐために結婚は親が決めてました。

戦後、家と言う制度がなくなり、自由に結婚して、自由に一家を作って、離婚も簡単にするようになって、親が結婚に口出すのは、子供が未成年のときだけになりました。有名無実化してますが。。。

ただし、金持ちや政治家や、一部の名家は、今でも、家を継ぐような形で、一家を繁栄させたり、家柄を良く見せるために親が結婚相手を決めています。

sta********さん

2014/5/720:39:08

いまでも普通にあるでしょ。旧家とか。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる