南京大虐殺は早々にオープンシティにしなかった中国軍に問題があると思うのですが、 東京大空襲や原爆投下もオープンシティにしなかった日本が行けなかったのですか? 教えて下さい。

南京大虐殺は早々にオープンシティにしなかった中国軍に問題があると思うのですが、 東京大空襲や原爆投下もオープンシティにしなかった日本が行けなかったのですか? 教えて下さい。

政治、社会問題353閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

>南京大虐殺は早々にオープンシティにしなかった中国軍に問題があると思うのですが →オープンシティは、別名「無防備都市宣言」ともいい、簡単に言ってしまうと「都市単位の無条件降伏」です。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E9%98%B2%E5%82%99%E9%83%BD%E5%B8%82%E5%AE%A3%E8%A8%80 一応言っておくと、この宣言をした「無防備地区」に対して禁止されている行為は物理的な攻撃だけです。 占領、占領行政、および(占領後の占領軍による)その地域の軍事的な使用は禁じられていませんし、占領軍がどのような行為に出るか、という事についても保証はしていません。 また、無防備地区宣言を行うことができるのは、その地域を統治している中央政府、または軍事活動を統制している軍隊であり、地方自治体、つまり南京、あるいは広島などの都市が、かりに「無防備都市宣言」をしたとしても国際法上の意味は存在しません。 中央政府、または軍事活動を統制している軍隊が「その都市の無条件降伏」を認めるかどうか、というのは当事者の判断の問題であり、これを強制する国際法は存在しません。 ジュネーヴ条約追加第1議定書の第59条に規定されるまでは、ハーグ陸戦条約の第25条に 「防守されていない都市、集落、住宅または建物は、いかなる手段によってもこれを攻撃または砲撃するを禁ず」 とされていましたが、「無防備都市」とは誰が行うのか、どのような条件で認められるかは不明確であり、事実上は「空文」となっていました。 広島市及び長崎市は 「防守されていない都市、集落、住宅または建物」 に該当しますので、本来であるなら陸戦条約の批准国は 「いかなる手段によってもこれを攻撃または砲撃すること」 を禁じられているはずです。 しかし、現実にはアメリカは核爆弾を投下していますから、ハーグ陸戦条約第25条に違反する「はず」です。 ただし、それを言うなら日本軍による「重慶爆撃」も、同じく第25条違反となります。 同様の事例は他にも多数存在しており、どうも第25条は「空文」同然だった、と考えた方が実態にあっているようです。 「空文」同然だった条文規範を引用して、南京、あるいは広島、長崎の原爆投下だけに適用させるのはおかしな話ではあります。 はっきり言っておきますが、これは原爆投下を肯定するものではありません。 あくまでもハーグ陸戦条約第25条は「空文」同然だったという事を言っているのであり、これを持ち出して「南京における日本軍の不法行為の正当化」はできないし、同様にアメリカによる「原爆投下」も、正当化すべきではない、というのが、私自身の考えですので、念のため付け加えておきます。

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

** 他人を責めるのなら、まず証拠を出してからにしましょう。 ”従軍慰安婦”問題とは http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n10582 嘘から始まった「従軍慰安婦」は、いまだに証拠も無しに不毛な論争が続けられています。 いわゆる「南京事件」~戦争に嘘はつきものです http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n233330 嘘じゃないというのなら、何を根拠に何があったのか、説明が必要です。 戦線後方記録映画「南京」 1938年 http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-1405.html UFO・宇宙人肯定論と同じく、「南京事件」も「従軍慰安婦」も怪しい証言や捏造写真を持ち出すばかりです。つまり「なかった」てことで確定しています。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11128841481 以下、shpfiveのおもしろ反日捏造歴史論が無料でお楽しみいただけます。 http://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/shpfive 「従軍慰安婦」 6.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13127770288 5.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q14127562449 4.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12127391897 3.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12127082472 2.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13126790018 1.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13125328958 「南京事件」 6.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q10129044165 5.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q11128554206 4.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q14127739054 3.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13127484493 2.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12126818287 1.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q14125332364 東京裁判 2.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12128413032 1.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q11126791066 731部隊 2.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q10127829860 1.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q10126881785 歴史学・学問 2.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13127941623 1.http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q10127250745 日本国憲法論 http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q11128799326 このように私は反論の機会を提供し続けていますが、shpfiveは知ってて回答を拒否しています。 http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q10127259970 日本国内での布教活動に邪魔なのでYahoo!に猛烈な苦情を入れて知恵ノート削除を勝ち取りました。 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n239295 http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12122393617 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n262538 http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13125275168 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n264154 http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q10125296430 論争に敗れた側が論敵の誹謗中傷や言論弾圧に走るよくあるパターンです。わたしの知恵ノートがトンデモだとすれば、それをお笑いのネタにして批判すればいいのに消そうとするのは「都合が悪いから」と解釈するのが自然です。 反日shpfiveのトンデモ慰安婦論~偽善者の主張 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n264392 「南京事件」肯定派shpfiveの「日本無罪論」と「トンデモ論」 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n264393 韮澤さんみたいに愛嬌があって罪のない「信仰」なら笑って済ませられるんですけどね。証拠も無いのに犯罪があったと言って恥じることがないのはカルト宗教と本質的に同じです。魔女裁判とも言えますね。 http://youtu.be/GxM5kIGcRz0?t=8m38s 秋山「炭素14に問題を投げかけている考古学者はたくさん居る」 大槻「だれ?」 秋山「たくさん居る」 大槻「だから誰だよ」 秋山「あなた方は原理主義者なんだから」 秋山「調べてご覧なさい、科学者でしょ」 敵前逃亡デブメガネ秋山とミスター回答拒否shpfiveの類似性w http://youtu.be/GxM5kIGcRz0?t=6m36s 秋山「あんたたちは批判ばっかりだから帰る!」 「南京事件はあった、というのが学界の定説」と断言しながら、どこの学会のどの論文か答えないshpfive http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-883.html 現実世界には存在しない「定説」がshpfiveには見えるらしい。 http://youtu.be/j8s80FxqRVc ライフスペースshpfive「定説です」 肯定論に対する批判を批判するだけで、確定的な根拠とそれから導かれる具体的事実を全く示そうとしないのは、UFO・超常現象肯定論者だけではなく南京事件・従軍慰安婦肯定論者も同じなんです。

画像
0

>南京大虐殺は早々にオープンシティにしなかった中国軍に問題があると思うのですが、 第二次世界大戦ではパリを非武装にして「無血開城」となりました。 それと同じように南京を非武装化すれば良かったのです。 『 十一月十四・十五日、国民政府は作戦会議を開き、この南京で日本軍と戦うか、それとも南京を放棄して他の場所で戦うかを論議した。席上"南京放棄論"が多数を占めた。 同席したドイツ軍事顧問団団長のファルケンハウゼン将軍もこれに賛成したが、蒋介石はあくまでも南京を固守するという防衛方針を決定した。蒋介石は唐生智を南京防衞軍司令官に任命し、さらに、城壁を堅固にし、城外の同国人の財産・家屋を焼き尽くして敵に一物も与えないという中国伝統の「堅壁清野作戦」を命令、中国軍は南京城近郊の建物や民家が日本軍に利用されないように、これを徹底的に破壞・焼却した。 (中略) 十二月一日、安全区委員会(ジョン・ラーベ委員長)は、中国軍当局及び日本当局に対して「安全区」を尊重し、そこを攻撃しないよう申し入れた。上海でフランス人神父が設定した「安全区」についてはフランス軍の協力もあったため日本軍も承認し、攻撃を控えたからである。 しかし、中国軍の唐生智司令官は、アメリカ政府やドイツ政府の公認組織でもない一民間の安全区委員会の要望を無視し、別途「難民区」を設定し、高級住宅街である「新住宅区」に難民をすべて収容する方針を決定、防衛軍の一部を派遣し、収容組織を決定した。 また、日本当局も次のような理由から申し入れを承認しなかった。 一、安全区の境界には要所に目印が立てられただけで、鉄条網などで仕切られているわけではないから、中国軍将兵が簡単に侵入できる。 二、安全区には中国軍将校の住宅が多く、そこに多くの将校が潜伏している恐れがある。 三、上海では、フランス軍の駐屯部隊が敗残兵などの立ち入り防止・武装解除といった"好意的協力"を惜しまず、中立性が維持されたが、武力をまったく有しない南京安全区委員会には敗残兵の立ち入りを防止できるはずがなく、中立性を保つ保証がない。 先述したトラウトマンによる和平交渉が実らず、停戦合意が成らなかったため、奇しくも安全区委員会が申し入れを行った同じ日である十二月一日、日本軍は南京を攻略することに決定、九日には国際法学者とも協議して作成した「攻略要領」に基づき、「和平開城の勧告文」を飛行機で城内に散布した。国際法に則って“無防備都市”つまり「防守都市に非ず」と宣言して開城すれば攻撃しないと中国側に通告したのである(第二次大戦におけるパリがその例で、これによってパリは破壊を免れた)。 しかし、翌十日午後一時の回答期限に至っても何の回答もなかったので、日本軍は総攻撃に踏み切った。 』 (再審「南京大虐殺」/竹本・大原より) http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-257.html >東京大空襲や原爆投下もオープンシティにしなかった日本が行けなかったのですか? 東京地方裁判所 昭和38年12月7日判決 (七) それでは、防守都市と無防守都市との区別は何か。一般に、防守都市とは地上兵力による占領の企図に対し抵抗しつつある都市をいうのであつて、単に防衛施設や軍隊が存在しても、戦場から遠く離れ、敵の占領の危険が迫つていない都市は、これを無差別に砲撃しなければならない軍事的必要はないから、防守都市ということはできず、この場合は軍事目標に対する砲爆撃が許されるにすぎない。これに反して、敵の占領の企図に対して抵抗する都市に対しては、軍事目標と非軍事目標とを区別する攻撃では、軍事上の効果が少く、所期の目的を達することができないから、軍事上の必要上 無差別砲撃 がみとめられているのである。 (八) 広島市及び長崎市が当時地上兵力による占領の企図に対して抵抗していた都市でないことは、公知の事実である。また両市とも空襲に対して高射砲などで防衛され、軍事施設があつたからといつて、敵の占領の危険が迫つていない都市である以上、防守都市に該当しないことは、既に述べたところから明かである。 http://www21.atwiki.jp/nankin1937/pages/17.html toueizan123 >冗談を言っちゃいかん。「問題がある」のは中国を侵略していた日本軍だ。 シナ事変(日中戦争)は中国側の侵略行為~第二次上海事変 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n14697 満州事変(柳条湖事件)は侵略ではありません http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n13812 >そして日本との決定的な違いは、太平洋戦争がこちらからだまし討ちで仕掛けた戦争だったと言うことだ。 ルーズベルトの戦争計画~真珠湾に誘い込まれた日本 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n149581 *** 中国共産党の父、毛沢東は南京陥落の半年後の1938年5月、延安の抗日戦争研究会で「持久戦について」という有名な講演をしたが、南京の虐殺に触れるどころか「包囲は多いが殲滅は少ない」として日本軍の甘さを指摘している。 その一方、「マオ」(ユン・チアン&ジョン・ハリディ著)には、「毛沢東が長い人生で一度も言わなかったことがある、南京大虐殺だ」との記述がある。

画像
0

>南京大虐殺は早々にオープンシティにしなかった中国軍に問題があると思うのですが、 冗談を言っちゃいかん。「問題がある」のは中国を侵略していた日本軍だ。外国の軍隊に侵略されて片っ端から都市をオープン・シティーにしていたらかなわんな。そしてオープン・シティーにしなかった方が悪い?とんでもない言い掛かりだ。 そして日本との決定的な違いは、太平洋戦争がこちらからだまし討ちで仕掛けた戦争だったと言うことだ。「相手が強すぎた」とバカな泣き言をいうのだったら初めから戦争をしなければよかったのだ。

0

いや、南京の場合は日本軍が先ず戦場になるので逃げろ・・・と通達しています。 これは攻める側がやるべきことで中国にはその義務は無いでしょう。 しかも首都ですからね。 壊滅狙いの爆撃じゃなく、占拠を目的とした軍人相手の戦争です。 東京を含めた本土爆撃や原爆は最初から非武装民間人を狙った単なる虐殺です。 仮に上陸して民間人には手を出さず・・・だったら同じ位置で語れますが・・・現実はまったく異なります。