ここから本文です

一酸化炭素中毒について質問なのですが。

akk********さん

2014/5/1920:31:41

一酸化炭素中毒について質問なのですが。

アウトドアが趣味です。登山や釣りなどよくでかけ、山小屋ではなくテントでのキャンプが多いのですが、よく冬のワカサギ釣りのテントなどで一酸化炭素中毒…という話を聞きます。
そこで質問なのですが一酸化炭素中毒ってどういった原理でなるのでしょうか。
どういった状況下でおこりうるのでしょうか。
私は寒い日のテント内でバーナーで暖をとったり調理してますが、それらしい状態になったことがありません。
先日ニュースでは「気密性の高い住宅では室内でも起こりうる」といってました。
一般家屋の室内でずっとガスコンロで調理していても一酸化炭素中毒になりませんよね❓
炭で調理した場合、一酸化炭素中毒になりうるのでしょうか。
換気していれば大丈夫だとは思いますが、どの程度の換気なのでしょうか。
テント内で暖をとる場合、できる限り暖かくしたいのですが、何分以上付けっ放しだと危険とか、どのくらいの大きさの通気口を確保し換気すれば大丈夫とか目安はあるのでしょうか。
つたない文で申し訳ありませんが、詳しい方教えてください。

閲覧数:
714
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/5/1920:56:30

一般的に一酸化炭素は不完全燃焼を起こしたときに発生します
本来は簡単に書くと、 C+O2→CO2 で一酸化炭素は発生しません。 しかし不完全燃焼を起こすと、 2C+O2→2CO
で一酸化炭素が発生します
プロパンガスなどのガスは反応性が高く酸化されやすいので二酸化炭素にすぐに酸化されます
しかし、木炭という物質はC酸化反応が進むのがガスに比べて遅く、また高温になりにくいので不完全燃焼を起こすことが多々あります
一般的に空気中に0.2%あると死に至るといわれます
(6畳一間の部屋に36L程度) テントでの使用は避けたほうがいいでしょう
寝ている間に吸引してしまうとどうしようもありません
喚起して使用する場合は、一般的な換気扇を使用しなければなりません(扇風機でも代用できるが、お勧めはしません)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

u1_oさん

2014/5/2606:03:50

春先の果樹の防霜対策で練炭を大量に使いました。

当然、満天ですから一酸化炭素中毒にはなりません。
練炭はレンコン状の穴から立炎する燃焼過程があります。
では、これは何度?一酸化炭素の発火温度が600℃だそうです。

燃焼の不思議。
(今捨てたタバコの温度が700℃)火災予防運動の標語ですが、計算通りにはいきませんが、一応の目安です。

見えない悪魔
一番は屋外で燃焼が落ち着くまで、でも立炎したからと言って一酸化炭素の発生がなくなった訳ではありません。

蛇足
備長炭の安ものは、点火後強烈に爆跳しますが一度消し炭にしますと爆跳の少ない、火廻りの早い炭に変身します。

hiideさん

2014/5/1921:55:28

練炭自殺を知っていますか?あれが、一酸化中毒死です。先の回答のように、プロパンガスや都市ガスでは、よほど、器具が壊れていなければ、大丈夫だと思います。なお、一酸化炭素はさらに燃えて二酸化炭素になります。毒性は一酸化炭素中毒があります。とにかく、酸素が18%を切ると危険です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる