ここから本文です

外国債券を、最近、野村証券で始めた初心者です。。 買い時というのは、為替のタ...

hon********さん

2007/10/100:25:36

外国債券を、最近、野村証券で始めた初心者です。。
買い時というのは、為替のタイミングや、時価で判断すると本とかに書いてあったのですが、 いまいちわかりませんでした。
誰か詳しいかた、出来たら噛み砕いて情報を頂けたら嬉しいです。

閲覧数:
8,048
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bea********さん

編集あり2007/10/101:01:24

例えば米国の10年国債(ストリップ)をお買いになるかどうか迷っているのでしたら、現在の相場は「利回りが4.6%程度、為替相場(円/米ドル)が115円程度)です。

外国債券は「利回りが下がる、為替相場が円安になる」時に儲かります。逆に「利回りが上がる、円高になる」時に損します。

したがって、これから円安になるとか、これから利回りが下がるとか、と予想されれば、この債券は「買い」です。逆に円高になるとか、利回りが上がるとか、予想されれば、「売り」です。

問題はこの予想はプロでも非常に難しいということです。現在115円の為替相場が今後どうなるのかは誰にも分かりません。また、4.6%の長期金利がこの先上がるのか下がるのか、誰にも分かりません。

「これからアメリカの景気がサブ・プライム問題でどんどん悪くなるから、円高で金利低下だ」という予想が巷では多いですが、本当にそうなるかは分かりません。最終的には質問者様ご自身の予想に基づいて、儲かると思えば買えばよろしいですし、損すると思えば買わなければ良いでしょう。

また、債券でひとつ重要なのは、「利回りが動くと、債券価格は結構大きく動く可能性がある」ということです。例えばゼロクーポンの期間30年の債券(ストリップ債等)は、0.1%利回りが動くと価格が3%動きます。利回りが0.5%動くと、価格は15%も動きます。期間10年のストリップでも0.1%利回りが動くと価格は1%動きますし、0.5%動けば5%動きます。

金利は結構かんたんに0.5%くらい動きます。したがって、期間が長い債券を買うときは、金利が上昇するとイメージをはるかに上回る損失が発生する可能性があることを肝に銘じたほうが良いです。逆に金利が下がると、思っていたよりもかなり儲かる可能性もあります。

例えば、上の債券の場合、今後1年間で利回りが0.5%下がって4.1%になり、為替相場が120円まで円安になった場合、
金利収入4.6% + 債券価格上昇4.5% + 為替差益約4.5% ≒ 14%程度利益が出ます。

逆に、利回りが0.5%上がって5.1%になり、為替相場が110円まで円高になった場合、
金利収入4.6% - 債券価格下落4.5% - 為替差損約4.5% ≒ 4.5%程度損失が出ます。

また、利回りが0.5%下がって4.1%になっても、為替相場が105円まで円高になってしまった場合、
金利収入4.6% + 債券価格上昇4.5% - 為替差損約9% ≒ ほぼとんとん ということになります。

質問した人からのコメント

2007/10/2 12:31:45

感謝 今までの、どんな本よりわかりやすかったです。
ありがとぅございました

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる